おすすめ買取業者を見る

不要な古銭が高く売れる!
長年使っていなかった
古銭を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

古銭や古紙幣で高額買取の可能性のあるのは?

“自宅で昔のお金が出てきたという方はいませんか。古銭や古紙幣の場合、素人にはどのくらいの価値があるか、なかなか理解できないところがあります。しかし、プロの鑑定士が見れば、高額査定になるものも見られます。希少価値の高く、美術館などに置いているようなものであれば、数億円の値のつくようなものもあるほどです。まずは自分の持っている古銭にはどれだけの価値があるのか、買取サービスに査定に出してみるのはいかがですか。

○日本国内で高額買取の古銭は?
・慶長大判金
慶長大判金の中には慶長笹書大判金と慶長大判金、明暦版の慶長大判金の3種類があります。この中でも慶弔笹書大判金は、最も高い価値があるといわれています。江戸時代の後半になると回収や鋳潰が行われました。その結果、残存する大判の絶対数が少ないため、プレミアがつき高値のつく傾向が見られるでしょう。どの程度の値がつくかですが、安くても2000万、状態が良ければ3000万円程度の買取価格がつく可能性も大いにあります。

・明治3年旧20円金貨
明治時代には20円金貨が流通していました。その中でも明治3年に発行された硬貨は希少価値が高いということで、高値で取引されています。明治3年に発行された20円金貨は4万6139枚ほどしか製造されていないからです。このため、状態が良ければ2000万円くらいの値のつく可能性があります。また、明治3年のものほど高値はつかないかもしれませんが、明治9年と13年、10年、25年の20円金貨もあまり多く出回っていません。これらの金貨も、プレミアがついて思わぬ高額買取になるかもしれません。

・和同開珎
和同開珎がもし自宅にあれば、高値で売却することができるでしょう。名前だけなら耳にしたことがある方も多いはずです。日本が独自に鋳造した最初の通貨で、歴史的な価値が非常に高いです。和同開珎の買取価格ですが、ものによってその価格には大きく差が生じます。この理由としては、千数百年前に作られたものだからです。どうしても、良い状態で残っているものは少ないです。もし汚れや傷がひどければ数万円単位の買取価格になりますが、もしかなり状態の良いものであれば、500万円以上の値のつく可能性を持った古銭です。

・皇朝十二銭
先ほど紹介した和同開珎ですが、仲間ともいえる貨幣が11種類発行されていました。この12種類の古銭がすべてそろっていると、「皇朝十二銭」と呼ばれます。もし皇朝十二銭が自宅にフルセットで残っていれば、高値がつくかもしれません。状態にもよりますが、皇朝十二銭のうち1種類でも持っていればどんなに安くても十数万円の買取価格になるはずです。状態が良ければ、200万円程度の価格で取引されているものもありますから、すべてそろっていれば、その希少さからより高額の査定が期待できるでしょう。

○世界には億単位の古銭も
・フローイングダラー銀貨は12億
海外の古銭を持っているのであれば、買取サービスに出すのも一つの選択肢です。貴重なものであれば、とんでもない買取価格がつくこともあり得るからです。世界一高額な貨幣は、フローイングダラー銀貨です。1794年にアメリカで発行されたもので、アメリカで発行された最初の1ドル硬貨・銀貨ということが価値を高める要因となっています。フローイングダラー銀貨の買取価格は1000万ドル、つまり、10億円を超える値です。現存するコインの数は120~130枚程度と言われていますから、見つけるのは至難の業でしょう。

・セイント・ゴーデンズ・ダブルイーグルも高額
セイント・ゴーデンズ・ダブルイーグルも高値査定のつく可能性の高い古銭です。この古銭は、1933年にアメリカで発行された20ドル硬貨です。なぜ高値になるのかというと、その理由は「アメリカで最も美しいコイン」といわれているからです。セイント・ゴーデンズとは、このコインをデザインした彫刻家のことです。また、素材も金90%・銀10%の割合で製造されました。コインそのものは44万個製造されているものの、そのほとんどは溶かされてしまったため、現存しているのは10枚ほどだといわれています。この中の1枚は、7億5000万円で取引されており、貴重な古銭の一つです。

○価値のわかりにくい海外紙幣の買取は?
・きれいにすると逆効果に
海外紙幣を少しでも高く売却しようと思っているのなら、きれいな方が良いと考えるでしょう。そのため、洗浄したほうがいいのではないかと思っている人も多いはずです。しかし、古銭や古紙幣の場合、磨いたり薬を使って洗浄したりすると、表面を傷つけてしまう恐れが高いです。その結果、良かれと思って行った処理が、逆に状態を悪くさせ、査定金額を落としてしまう事に繋がってしまう場合もあります。もし海外紙幣を買取業者に出すのなら、そのままの状態で査定を受けましょう。

・付属品をそろって査定に出すこと
もし古銭の保証書やケースがついているのなら、査定の際にはフルセットの状態で出すことです。ケースや保証書付きだとセット品の扱いになって、バラと比較して高値で買い取ってもらえる可能性が高くなるからです。特に保証書や鑑定書はその古銭の価値を客観的に証明する重要な書類のため、有無によって買取価格は大きく変わります。

・タイミングも見計らって査定に出そう
古銭は同じものでも、その時々によって買取価格は値動きしています。例えば、一定のサイクルで古銭ブームがやってくると言われています。さらに、ドラマや映画などをきっかけにして、古銭のコレクターが増えることもあるでしょう。この古銭ブームの時に買取に出すと、購入希望者が多い分高値のつきやすい傾向が見られます。

○まとめ
一見すると古臭い硬貨や紙幣でも、ものによっては数百万円や数千万円の値のつくことも十分あります。また、海外の古銭の中には、億を超えるようなとんでもない金額のつくものもあり、一度査定を利用して調べてみる価値はあると言えるでしょう。ただし、査定する人物に古銭の知識がないと、安く買いたたかれるかもしれません。古銭を査定に出す際には、古銭買取専門店に持っていくことがおすすめです。”

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る