おすすめ買取業者を見る

不要な古銭が高く売れる!
長年使っていなかった
古銭を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

知って驚くアレコレ!古銭の豆知識を紹介します

“自宅で昔の貨幣がいろいろと出てきたというご家庭はありませんか。古銭は、買取業者に持っていくと、種類によっては高値のつく可能性が十分あります。しかし、そんな古銭の世界ですが、一般にはあまり知られていないところがあるでしょう。ここでは、古銭に関する豆知識や特徴について詳しくご紹介いたします。古銭の中には今では買い物で使えないものもありますが、金運アップが期待できるものなどもあるといわれています。

○古銭には金運アップする力が
・風水学における種銭とは
古銭を持っていると金運がアップする効果が期待できるといわれています。金運は誰しもが求めるものでしょう。例えば、風水学は中国古来の占術として日本でも広く知られていますが、風水の世界では種銭という考え方があります。種銭とは、お金はお金を呼び寄せるという発想の方法です。この種銭の考え方では、お金が古ければ古いほど、価値のあるものであればあるものほどより多くの金銭を呼び込む力を持っていると考えます。つまり風水の考え方によれば、価値の高い古銭を持っていればお金を呼び寄せ、経済的に恵まれると言えるでしょう。

・お財布に常に入れておこう
もし古銭を持っていて金運を上げたいと思っているのなら、自宅で保管するのではなく普段使っている財布の中に入れておきましょう。金運を高める種銭を常に財布の中に入れることで、いい状態を維持できるといわれているからです。例えば、パワースポットは、その場所に行くことで運を得る場合や、その場所自体に強運があるという場合が多いです。種銭を財布に入れるということは、このパワースポットがお財布の中にある状態になります。種銭を財布の中に入れておけば、継続して高い金運の状態をキープできると言えるでしょう。

○古銭はいつからある?歴史を紹介
・物々交換で貝が多く使われていた
今では買い物の手段としてお金が普通に使われています。このお金の歴史は非常に古いです。まず縄文時代や弥生時代では、貨幣が存在せず、ほしいものを手に入れるために人々は物々交換を行っていました。この時よく使われていた交換アイテムとしては、貝が使われています。「貯」や「財」、「販」などお金に関係した漢字に「貝」の部首が入っていますが、これも昔貝が物々交換の手段として使われていたことが大きく関係しています。その後、遣唐使を派遣すると中国で使われていた貨幣をまねて、日本でも貨幣が製造されるようになりました。これが日本における貨幣の始まりです。

・日本最古のお金は何?
ところで日本最古のお金は何なのかご存知でしょうか。最も古い日本の貨幣は、和同開珎です。歴史の授業で聞いたことがある人も多いかもしれません。708年に中国で当時作られていた開元通宝というお金をモデルにして製造されました。これを起点にして、250年の間に朝廷は12種類の貨幣を次々と発行しました。この12種類の貨幣のことを「皇朝十二銭」といいます。ちなみにこの皇朝十二銭、現代の日本でもコレクターなどが持っています。もしこの皇朝十二銭が自宅にあれば、買取業者に持ち込むと高値のつく可能性が期待できます。

・平安時代に復活
このように日本でも急速に広まっていった古銭ですが、10世紀末にはいったん製造がストップしてしまいます。政府そのものが弱体化してしまった、硬貨の原料になっていた銅が不足したなどいろいろな理由が関係しており、貨幣の製造がストップしている間、再び物々交換によってほしいものを入手する形になりました。このころの交換物としては、絹や米などが主体だったといわれています。しかし農業が活発になって経済力の高まった平安時代になって、政府が貨幣の製造を再開しました。特に有名なのは平安時代の乾元大宝と室町時代に作られた永楽通宝です。

・「円」になったのは明治維新以降
私たちが普段使っている日本の通貨単位は円です。この円の豆知識についてですが、通貨単位で国内統一されたのは、比較的最近のことです。1871年に現在の通貨である円が誕生しました。明治維新直後はいろいろと政治体制を整備する必要があり、貨幣について手をつけるゆとりがありませんでした。このため、政府で新しく発行した通貨と今まで判で発行していた貨幣の両方の利用が認められていました。ところがこれでは混乱してしまうので、貨幣制度を統一しようという話になって、円が誕生したわけです。

○古銭の穴銭は昔は四角
・四角くないと削ることができない
5円玉や50円玉と、日本の現在使われている貨幣の中には穴銭があります。しかし古銭の中にもこのような穴の開いた貨幣はたくさんあります。現代の穴銭は丸く穴が開いています。しかし古銭を見てみると、穴は四角いはずです。これにはきちんとした理由があります。丸くコインを製造するためには、穴を四角くした方が作りやすかったからです。コインの形を整える際、昔はコインに穴を開け棒を通して、削っていく方式でした。もし穴が丸くなると、コインがくるくる回ってしまい削りにくなります。そこで四角く穴を開け、固定しやすくする必要があったわけです。

・コインに製造年があるけれども紙幣にはない理由
皆さんお手持ちの硬貨を見てみましょう。すると「昭和○○年」「平成○○年」といったように製造年が記載されているはずです。ところが紙幣を見てみると、このような製造年は一切記載されていません。これには理由がいくつかあります。まず硬貨の場合、2種類以上の合金が原料として使われています。この配合の割合は、時代の流れとともに変化します。その判別のために製造年を刻印する必要がありました。また紙幣には通し番号が印刷されています。この番号を見れば、いつ印刷されたものかがわかるので製造年をわざわざ入れる必要がなかったことも関係しています。

○まとめ
貨幣には長い歴史があって、一時期製造が中断され、物々交換を行っていた時代があるなど、貨幣の豆知識には興味深いものもあります。また今では日本では当然となっている円は、明治時代になって初めて統一されるようになりました。ということは、自分のおじいさんやひいおじいさんの時代には円以外の貨幣で経済的な取引をしていたかもしれないわけです。このように考えると、もし自宅に古銭があればまた見方も変わってくるかもしれません。”

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る