おすすめ買取業者を見る

不要な古銭が高く売れる!
長年使っていなかった
古銭を簡単&手間なく
高価買取
してもらう方法をご紹介します。

『欲に負けて銀行で両替したけど、実は損していたかもしれない記念硬貨の話。』

 

遺品整理や生前整理、または引っ越し準備や大掃除をしていたら記念硬貨が出てきたということはありませんか?
独特な図柄で金色や銀色に輝くコインはとても魅力的ですが、特にコレクターでもない場合はデザイン云々よりも額面の方に惹かれることでしょう(笑)

かく言う私もその一人でして、数年前に祖母から亡くなった祖父が所持していた10万円記念硬貨を譲り受けた際、「よし、明日換金しに行こう!」と思いましたから…
そして翌日銀行で両替してもらい、その日のうちに額面通りの金額が口座に入金されてホクホクしていました。しかしそれから数年後、このコラムを書くきっかけとなった仕事で古銭買取の存在を知り、当時の自分の浅はかさを思い知らされます。

なぜならそう、『銀行では額面通りの金額しか手に入らない。けれど【古銭買取専門店】へ行っていたら額面以上になったかもしれない』からです!

もちろん買取に出す場合は本人確認書類が必要など多少の手間がかかるため、それが面倒に感じる人は銀行で両替してもらった方が良いでしょう。ですが、「多少の手間を要してでも額面以上の価値があるのか知りたい」という場合は一度、古銭買取専門店で査定してもらうことをおすすめします。

 

〇10万円の記念硬貨を換金(両替)した体験談

今から数年前、祖母から亡くなった祖父が所持していたという記念硬貨を譲り受けました。
その時ちょうど金欠だった私は祖父母に大いに感謝しましたが、それと同時に「やった! 10万円もの大金が手に入った!!」というゲスな感情も入り混じっていました(笑)

記念硬貨は「天皇陛下御在位60年記念10万円金貨」でした

後から調べると、「天皇陛下御在位60年記念10万円金貨」は昭和61年に1000万枚、昭和62年に100万枚と2回発行されています。写真でも残しておけばよかったのですが、欲に負けて確認せず即両替してしまったため、どちらのものだったかは不明です。

銀行では即日両替できました

両替にはお昼の休憩時間を利用して、職場近くの三菱東京UFJ銀行へ行きました。簡単な手続きをした後、鑑定に回すとのことで暫し待機…数分後、本物と確認できたらしく無事口座に10万円が入金されました。

なお、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨は日本で初めて発行された10万円金貨であったためか、発行から3年後の1990年(平成2年)には大量の偽造金貨が発見され、「金貨大量偽造事件」として世間を騒がせました。
この事件は現在も未解決であり、また被害額は107億9460万円という巨額であったため、銀行に持ち込んだ場合は鑑定に数日かかることもあるそうです。
鑑定に要する時間は銀行によって違いますが、私の場合、ブリスターパックという透明なケースに未開封のまま入っていたので鑑定に時間がかからなかったのだと思います。

 

〇古銭買取専門店へ売却していたらいくらになったのか?

ではあの時すぐに両替せず、古銭買取専門店で査定してもらっていたら一体いくらになったのでしょう?
実は天皇陛下御在位60年記念10万円金貨(昭和61年)は発行枚数が1000万枚と非常に多かったためプレミアはついておらず、額面以上の買取価格になることはありません。また「金」としての価値も素材に使われている純金は20gのため、現在の相場でも約9万円と額面より低くなってしまいます。
(金1gを4,500円前後と想定した場合。実際の金相場は日々変動しています。)

額面が10万円なのに金の価値はそれ以下。しかも発行当時の金の価値は約4万円だったため低コストで簡単に偽造ができてしまったわけですね。
なお、昭和62年のものは発行枚数が少ないことや、一部プルーフ貨幣として発売されたものもあるため、そちらは5,000円~1万円ほど買取価格が上がる可能性があります。私が譲り受けたのは恐らく昭和61年の方だと思いますが、もし昭和62年の方だったならば損していたわけです。ちゃんと確認しておくべきでした…

 

〇どうして銀行と古銭買取専門店では金額が違うのか?

同じ10万円金貨でも銀行では額面通り、古銭買取専門店では額面以上になる場合があります。これはなぜかと言うと、銀行の場合「換金」ではなく「両替」であるため、額面以上の金額になることは無いのです。10万円金貨はれっきとした法定通貨ですので、1万円札10枚に両替したと考えるとわかりやすいですね。

一方で古銭買取専門店の場合は「コレクション的価値」や「金相場」を見て買い取るため、希少なものや純金の量が多いものには額面以上の価格が付きます。
例えば、1990年(平成2年)に発行された「天皇陛下御即位記念10万円金貨」は発行枚数が200万枚と少ないわりに使用されている純金は30gと多いため、12万円~13万円前後の買取価格が期待できます。

 

〇たった10gでも「金」の価値はこんなに違う!

額面が10万円の記念硬貨には、私が譲り受けた昭和61年・62年発行の「天皇陛下御在位60年記念10万円金貨」と、平成2年発行の「天皇陛下御即位記念10万円金貨」があります。どちらも額面は同じ10万円ですが、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨に使用されている純金は20g、対して天皇陛下御即位記念10万円金貨の純金は30gと10gの違いがあります。
10gという数字だけで見るとそんなに違いがないように思えますが、1gあたりの金相場がおよそ4,000~5,000円前後ですので、仮に1g4,500円の時に査定に出した場合は以下の価格になります。

・天皇陛下御即位記念10万円金貨:4,500円(金1gの価値)×30g(金貨の質量)=135,000円

・天皇陛下御在位60年記念10万円金貨:4,500円(金1gの価値)×20g(金貨の質量)=90,000円

天皇陛下御即位記念10万円金貨は額面が10万円なのに35,000円も価値が上回っています。それに対し、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨の価値は9万円と額面割れしています。
そのため、古銭買取専門店へ持って行ったとしても天皇陛下御在位60年記念10万円金貨は買い取ってもらえないケースが多いです。発行枚数が多くてコレクション的価値も低いので、こちらは銀行で額面通りに両替してもらった方がお得でしょう。
一方で天皇陛下御即位記念10万円金貨は銀行だと10万円にしかなりませんが、古銭買取専門店だと10万円以上になる可能性が高いので、まずは古銭買取専門店で査定してもらうことをおすすめします。

 

〇結局、銀行と古銭買取専門店どちらに持って行けばお得なの?

これまで私の体験談から10万円金貨を例に出していましたが、他にも記念硬貨は数多く発行されています。その中には額面と同程度の価値しかないものもあれば、額面以上の価値になるものもあります。
前述の通り銀行では両替扱いになるため、たとえ額面以上の価値があったとしても額面より多く両替されることはありません。そのため、記念硬貨を換金したい場合はまず古銭買取専門店でいくらになるか査定してもらった後、満足のいく価格にならなかったら銀行へ。満足のいく価格だったらそのまま買い取ってもらうという風に順序を決めておくと良いでしょう。

ちなみに記念硬貨は貨幣としてそのままお店で使うこともできますが、店員にその知識が無くて拒否される可能性は高いです。特に天皇陛下御在位60年記念10万円金貨は偽造事件もあったので、スムーズに対応してくれるお店は少ないでしょう。
自動販売機やATMでも対応しているところは少ないので、お札に替えたいと思ったら素直に両替か買取に出すのがベストです。

 

〇記念硬貨をより高く売るためのポイント

記念硬貨は古銭買取専門店で査定してもらった方がお得なケースが多いですが、ではどのようにすればより高価買取になるのでしょう。
まず、絶対にやってはいけないことは以下の3つです。

①ブリスターパックから取り出す
②汚れを薬剤で拭き取る
③本物かどうか削って確かめる

①のブリスターパックとは記念硬貨を包装している透明のケースのことです。
開封済みでも売却は可能ですが、剥きだしだと偽造品の疑いで鑑定に時間を要する場合があります。また、お店によっては買取不可の場合もありますので、未開封品はそのままにしておきましょう。

②の汚れを拭き取る場合も注意が必要です。くすみや指紋の跡がある場合、綺麗に拭き取っていた方が良い気がしますが、素人が市販の薬剤で拭き取ると逆に劣化させてしまう恐れがあります。
そのため汚れがあってもそのままにしておくか、どうしても気になる場合は乾いた柔らかい布で軽く拭き取る程度に留めておきましょう。

③の本物かどうか調べるために故意に傷付けると価値が下がるばかりか、貨幣損傷等取締法違反という犯罪になりますので絶対に止めましょう。

以上のことに注意し、次に出張買取・宅配買取・店頭買取の中から自分の都合の良い買取方法を見つけます。
出張買取は自宅まで査定員が訪問してくれるので、記念硬貨以外にも売りたいものがある場合におすすめです。忙しくて訪問の時間を取れない人は宅配便で済ませる宅配買取、近所に買取店がある場合は店頭買取というように区別すると良いでしょう。
ただし、宅配買取は配送中の事故が心配ですし、もし返却を希望する場合は返送料が発生する所もありますので、できれば出張買取か店頭買取にしておくことをおすすめします。

 

最後に、記念硬貨はどこでも同じ価格で買い取っている訳ではありませんので、より高く売るためにも必ず複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。
まず古銭買取専門店2~3社で査定してもらい、見積比較をして満足のいくお店があれば買取依頼。どこの見積もりにも満足できなければ銀行で両替という順序で行けば、私のように後から後悔することはありませんよ(笑)

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る