おすすめ買取業者を見る

不要な外国コインを簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • キズや汚れがあるものでもOK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物や骨董品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能
    ※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは古物商品専門の総合リユース業者として、主に関西を中心に活躍している企業です。
    古銭をはじめ着物や骨董品といった自宅に長年保管されていそうな品物をメインに扱っており、ジャンル毎に専門の鑑定士が在籍しています。
    そのため古銭という鑑定が難しい品でも正確な査定額を出すことが可能で、小判などの金の取引相場とアンティーク価値が重要な品物でも安心して依頼することができます。
    また、福ちゃんは国内だけでなく海外にも販売経路を持っているため、国内では需要が低い古銭でも積極的に高価買取しており、キズや汚れでマイナスになることはほとんどないといった特徴があります。
    さらに総合リユース業者というメリットを活かして、古銭プラスその他の品物をまとめて売れば買取金額が10%アップしますので、古銭以外にも不要な物がある場合には非常におすすめです。
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • キズや汚れがあるものでもOK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取(東京本社のみ)
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間
    入金方法 出張買取は即日現金払い、宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能 ※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    タレントの坂上忍さんが出演するテレビCMが有名なバイセル(旧スピード買取.jp)は、お問い合わせから出張訪問まで最短30分という驚異的なスピードで買取を行っている企業です。
    こちらも古銭以外にも様々なジャンルの品物を取り扱っており、その品数の多さから在籍する鑑定士の多さも業界随一と言えます。
    そのため、引っ越し前などとにかく早く正確に買取を終わらせたいという方には最もおすすめできる買取業者です。
    さらにバイセル(旧スピード買取.jp)は、インターネット専門にすることで店舗経営にかかるコストを削減し、その分を買取に還元するというスタイルをしているため、スピーディーさに加えて高価買取も実現しています。
    買取アップキャンペーンなどは特に行っていませんが、期間にこだわらず常に高価買取できるシステムなので、今すぐ高く売りたいという方には非常におすすめです。
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    • キズや汚れがあるものでもOK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 毎日先着100名様限定で買取査定額25%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間
    入金方法 出張買取・店頭買取は即日現金払い、宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能
    ウルトラバイヤーは大型リサイクルショップと言えるぐらい、とにかく買取対象ジャンルが幅広く、家にある不要な物はここで全部買い取ってもらえると言っても過言ではありません。
    しかし、敷居が低いイメージとは違って鑑定士の知識や技術は高く、また海外のバイヤー1500人以上と契約しているため、国内ではあまり重要がない古びた硬貨や紙幣でもマイナス査定になることなく高価買取してくれます。
    さらに、先着100名様限定で買取査定額が25%アップするキャンペーンを毎日実施しているので、お申込みが早ければどこの業者よりも高い買取価格が期待できます。
    また、買取対象商品が豊富なため、古銭以外にも使い道がなくずっと保管していたという品があれば、一緒に査定に出せば思いの外良い値段が付くかもしれません。

知らなきゃ損!外国コインを高く売る方法

外国コインとは、世界各国で発行された硬貨のことを言います。今はもう流通していないものから、現在流通して使用されているものまで、外国コインには様々な種類があります。その内、日本で取引されているのは主に地金型金貨と収集型金貨です。

地金型金貨は造幣局が投資用に発行している金貨で、金地金の時価相当分に少し上乗せされた時価で売買されています。そして、収集型金貨はコレクターにコレクションされている金貨で、地金型金貨よりも高額で売買されています。

外国コインの歴史を遡れば紀元前に到達するほど長いので、古いもの、または希少なものは特に高額で取引されます。その上、それらの状態が良ければ更に高価買取が見込めます。案外、外国コインが家にあるという家庭も多いので、一度探してみてはいかがでしょうか。思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれません。

そこで、実際に外国コインを売る方法ですが、【インターネットオークション】ですと誰もが出品しやすいですし売れるとは思います。しかし、何かと手間が掛かりますし、安く落札されてしまったりなど反って損をします。一番高く売る方法、それは【外国コイン買取を行っている専門店】で売却するということです。専門知識を持った人が査定してくれますし、買取後の販路もしっかりしてるので高価買取してもらえます。売却する際は是非利用してみてください。

高価買取が期待できる外国コインとは?

外国コインは、希少価値の高いもの、状態が良いもの、更にはデザインによって高価買取になるかどうかが決まります。例えば、1907年~1933年の間でアメリカ造幣局が発行していた「セントゴーデンズ金貨」は、度重なる修正と改良で同じ種類でも細かく違うコインがたくさんあるので、その僅かな違いだけでも数万円の値が付くものと数億円の値が付くものに大きく分かれます。

また、希少価値は古いから高くなるというわけではありません。もちろん年代物であれば、現存している数が少なくなっている場合が多いので価値は付きやすいです。しかしながら、近年のものでも発行枚数が少なかったり、手に入れにくいものには希少価値が付き、高価買取が期待できます。

ちなみに世界で最も高額な値段が付いたコインは、アメリカで1794年に発行された「フローイングダラー銀貨」で、その値段はなんと約12億円です。地金価格1000円もしないような銀貨が世界最高というのが驚きです。何故このような値段が付いたのかと言うと、アメリカ初の1ドル硬貨であり最初の銀貨であること、尚且つ現存する数が少ない中で保存状態が素晴らしかったため、これほどまでの金額が付いたようです。

外国コイン買取の相場はどのくらい?

外国コインの相場は、インターネットオークションの落札価格を見たり、検索エンジンにコインの名称を入力することで、過去にどれくらいの値段が付いたかを知ることができます。しかし先ほどご紹介したように、同じ種類のコインでも微妙にデザイン変更があったり、状態の良さによって価値が変わってくるので、あくまで目安として参考にする程度にしましょう。少なくとも所持しているコインに大体どれくらいの価値があるかということは知ることができると思います。

また、外国コインなどの古銭を専門に買い取りしているお店のホームページを見ると、買取実績を載せているのでこちらも参考にできます。更に言えば、そのお店に直接問い合わせをすることで、コインの価値を見定めてもらえます。そういったお店を一店舗だけでなく複数店舗回って査定してもらえば、今の相場が分かり、一番高く買い取ってくれるお店を見つけることもできるのでおすすめです。

外国コインの中でも、中世に製造された「アンティークコイン」と呼ばれているコインは相場が高くなる可能性が高いです。その中でも"グレード"が高いコインであればその分買取価格も高くなります。グレードは一番下の「劣品」から一番上の「完全未使用品」まで全部で7段階あり、流通した段階で未使用ではなくなるので、流通後の最高グレードは「極美品」となります。極美品は傷や摩耗が少ししかなく、デザインがハッキリと識別できることが条件で、逆にデザインがわからなくなるくらい消耗しているものは劣品になります。

外国コインの豆知識

【最初の貨幣】
貨幣の起源は、紀元前に古代中国の殷王朝で使用され始めた「宝貝(子安貝)」が最初とされています。貝が貨幣に使われていたのは「財」、「貨」、「貯」、「買」、「貸」、「貿」などのお金が関わっている漢字を見てもお分かりいただけるかと思います。そんな貝の貨幣は文字通り「貝貨」と呼ばれていたそうです。

貝貨が使われていた時代から時を経て、紀元前のメソポタミア時代にリディア王国で金と銀の合金で造られた「エレクトロン貨」と呼ばれるものが世界最初の硬貨です。表面にリディア王国の象徴であるライオンと太陽を、裏面には四角または長方形の極印が二つ刻印されています。当時は重さでコインの価値を分けていたので、重さが違う数種類のコインが発見されています。

それでは世界初の紙幣はどのようなものだったのかと言うと、中国の北宋時代の「交子」と呼ばれるものです。当時不足していた銅銭を補うために鋳造された鉄銭が、重くて不便だったことをきっかけに造られたものが紙幣の始まりです。

【余った外国コインの使い道】
海外旅行や海外出張で使いきれなかったコインは日本では両替できません。記念に取っておくのもいいと思いますが、最近では空港やホテルに設置されている「ポケットチェンジ」という機械を使えば、電子マネーや各種ギフト券などに交換することができます。また、日本ユニセフ協会が空港などに設置している募金箱、もしくは郵送で募金するとユニセフの活動資金に使われるので、こちらを利用してみるのもいいと思います。

外国コインは金属でできているので、放っておくと当然傷んでいってしまいます。したがって、売却を考えるなら早めに決断した方が高価買取に繋がります。外国コインを売る際には、下手に手入れをすると反って傷つけて価値を下げてしまいますので、柔らかい布で拭くくらいにしておきましょう。すぐには売らずに保管する時は、専用マットが敷かれたケースに入れて保管するのがベストです。化学薬品が含まれているビニール袋や紙袋などに入れてしまうと、劣化の原因になり兼ねないので絶対にしないようにしてください。

劣化してしまう前に売却することも大事ですが、"どこで売るか"も重要です。先述したように、専門知識を持った人が査定をしてくれる買取専門店を複数回り、一番よかったお店で買い取ってもらうことが高価買取のポイントです。