おすすめ買取業者を見る

不要な大判・小判を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

知らなきゃ損!大判・小判を高く売る方法

日本人であれば大判・小判と聞けばどんなものかは容易に想像できるかと思います。どちらも形は楕円形をしていますが、大判は大型で「黄金」または「大判金」とも呼ばれます。天正16年に豊臣秀吉が造らせたものが最初で、天正長大判は現存する中で世界最大の金貨とされています。大判は貨幣というよりも恩賞に用いられ、極印の他に墨判が書かれているのも特徴です。一方小判は、小型で「金」とも呼ばれています。大判とは違い日常取引で使用されていたため、発行枚数が多かったので数多くの小判が現存しています。

大判・小判は、まだ発見されていないものが大量にあると言われています。その中でも有名なのが「徳川埋蔵金」です。徳川埋蔵金を見つけるのは困難だと思いますが、例えば”昔、祖父が古銭を集めていた”など、あなたのお家のどこかにも大判・小判が眠っている可能性はゼロではありません。

そんな時、価値も仕様もわからず【ネットオークション】で売ろうとすると、安く落札されてしまう可能性があるので、慣れていない人には不向きです。大判・小判は金としての価値だけではなく、骨董品としての価値もあるので、【大判・小判を取り扱っている古銭買取専門店】に査定してもらうのがベストです。専門家が在籍しているお店を複数回れば、一番高く買い取ってくれるお店が自ずと見つかるでしょう。

高価買取が期待できる大判・小判とは?

発行枚数が多い小判に比べて、大きくて発行枚数が少ない大判の方が希少で高価買取になります。こちらではそんな大判の中でも特に高価買取が期待できる大判をいくつかご紹介します。

【慶長大判】
江戸時代初期にあたる慶長6年(1601年)に発行され、墨書、金の品位、発行時期など、細かく見定められた上で買取価格が決まります。中でも、慶長笹書大判金は1000万円以上の価値があるとされており、墨書が当時のまま残っていれば、それ以上の高値も期待できます。

【天正大判】
安土桃山時代から江戸時代初期まで長く使われ続けていた大判のことを言い、種類は3種類あります。

「天正菱大判」
現存が確認されているのは世界中でたったの6枚という大変希少な大判です。
数千万以上の価値があるとされており、中には1億の高額取引も見込めるものもあります。

「天正長大判」
豊臣秀吉の命により鋳造され、主に戦で功績を上げた者への褒美として使われていました。
高額なもので数千万円の価値が期待できます。

「大仏大判」
京都の東山にある方広寺の大仏殿の再建を行った際に豊臣秀頼によって鋳造されました。
こちらも高いものは数千万の買取が見込めます。

大判・小判買取の相場はどのくらい?

大判・小判の相場は、ネットオークションの過去の落札を見たり、検索エンジンで調べることにより、大まかな金額は把握することができます。しかし、同じ種類の大判・小判でも発行時期が違うだけでも値段が変わってきますし、墨書の現存具合や傷みなどの状態によっても大きく変わるので、実際のところ詳しく調べてみないことには買取価格は断定できません。

また、状態が良い方が価値が高くなるからと言って、自分で磨いたりしてしまうと細かく傷が付いてしまったり、墨書が薄くなってしまって、反って価値を下げることになり兼ねません。柔らかい布で埃を拭う程度に止めておきましょう。持ち上げる時もなるべく指紋が付かないように持つことも、買取価格を下げないためには大切なことなので、取り扱いには十分注意してください。

他には、大判・小判には贋作やレプリカが存在します。そのため正式な鑑定書があるならば、一緒に保管しておくことで本物であることを証明できます。更には高評価にも繋がるポイントでもあるので、失くさないようにしましょう。

大判・小判の相場を知る一番の方法は、大判・小判の専門知識を持った人に査定してもらうことです。古銭買取を専門的に受け付けているお店でも、必ずしも大判・小判に詳しい人がいるかどうかはわかりませんし、専門家であっても価値を見極める力量によって買取価格は変わってきます。したがって、複数のお店で査定してもらうことが現在の相場を知るためには必須条件なのです。


大判・小判の豆知識

【天正菱大判金】
鋳造されたのは天正16年からで、金含有率は73%です。
菱型の極印が特徴的で、現存数が6枚しかなく、状態によっては1億の値が付くと言われています。

【天正長大判金】
鋳造されたのは文禄4年からで、金含有率は73%です。
他の天正大判金よりも縦長なのが特徴です。

【大仏大判金】
鋳造されたのは慶長13年からで、金含有率は73%です。
天正大判金の中で最も新しく、最も長く鋳造されていたのが大仏大判金です。
方広寺大仏殿の再建費用確保のために鋳造したことから、この名前になりました。

【慶長笹書大判金】
鋳造されたのは慶長6年からで、金含有率は67.2%です。
墨書が笹の葉のように見えることが、この名前の由来とされています。
希少性の高さと、墨書が美しいことから人気の高い大判です。

【慶長大判金】
鋳造されたのは慶長6年からで、金含有率は67.2%です。
慶長大判金は細かく分けると5種類ほどあります。
その中でも、明暦3年の大火災により金が溶けてしまったことが理由で、明暦4年に鋳造された慶長大判金は、造りはほぼ同じでも別物として扱われています。

【元禄大判金】
鋳造されたのは元禄8年からで、金含有率は52.1%です。
金の含有率は大幅に下がりましたが、現存数が少ないので希少性は高いです。

【享保大判金】
鋳造されたのは享保10年からで、金含有率は67.6%です。
金の含有率は慶長大判金の頃に近い値に戻されました。

【天保大判金】
鋳造されたのは天保9年からで、金含有率は67.4%です。
享保大判金と形状などが似ていますが、買取価格は天保大判金の方がやや高いです。

【万延大判金】
鋳造されたのは万延元年からで、金含有率は34.4%です。
他の大判金よりも金の含有率が極めて低いのが特徴です。

【慶長小判】
鋳造されたのは慶長6年からで、金含有率は86.2%です。
江戸時代の初代小判で、買取価格は非常に高いです。

【元禄小判】
鋳造されたのは元禄8年からで、金含有率は56.4%です。
金の含有率が少ないですが、現存数が少ないため買取価格が高いです。

【宝永小判】
鋳造されたのは宝永7年からで、金含有率は83.4%です。
「乾」の字が入っていることから「乾字小判」とも呼ばれています。

【正徳小判】
鋳造されたのは正徳4年からで、金含有率は85.6%です。
小判の中で最も高く取り引きされるのが正徳小判です。

【享保小判】
鋳造されたのは正徳4年からで、金含有率は86.1%です。
正徳小判と区別するために享保小判と呼ばれています。

【元文小判】
鋳造されたのは元文元年からで、金含有率は65.3%です。
「文字小判」とも呼ばれますが、文政小判と区別するために「古文字小判」とも呼ばれます。

【文政小判】
鋳造されたのは文政2年からで、金含有率は56%です。
元文小判と区別するために「新文字小判」とも呼ばれます。

【天保小判】
鋳造されたのは天保8年からで、金含有率は56.7%です。
「保」の字が入っていることから「保字小判」とも呼ばれています。

【安政小判】
鋳造されたのは安政6年からで、金含有率は56.7%です。
「正」の字が入っていることから「正字小判」とも呼ばれています。
多くが回収されてしまったために現存数が少なく、江戸後期の小判の中では極めて高い小判です。

【万延小判】
鋳造されたのは万延元年からで、金含有率は57.2%です。
現存数は少ないですが、他の小判と比べると価値が低く買取価格も低いです。

大判・小判は古い時代のものですので、コレクションしている場合を除き、状態良く保存されているケースは少ないと思います。人知れずどこかで眠っているとすれば尚更です。状態が良くなければもちろん価値も下がりますので、少しでも状態が良い内に、売る決断をできるだけ早めにすることが高価買取のポイントです。

また、本来の状態に近付けようとして磨いてしまうと、逆に傷つけてしまったり、大判の場合墨書が薄くなってしまいます。その後、薄くなった部分を加筆修正するのも良くありません。下手に手入れをすると反って価値を下げてしまうことになるので、絶対にしないようにしましょう。そして何度も言いますが、売却する際は専門知識を持った人が在籍し、きちんと査定してくれる大判・小判買取(古銭買取)の専門店で買取してもらいましょう。その時に損をしないポイントは、複数のお店を比べて一番条件の良いところを選ぶことです。