おすすめ買取業者を見る

愛知県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

プレミアもつく人気の記念貨幣日本国際博覧会記念硬貨

記念貨幣は、あらゆるイベントや節目の行事なので発行されます。その瞬間しか買えない、それこそ記念になる貨幣であるため、毎回楽しみにしているという人も少なくないでしょう。そして、中でも力をこめて作られる記念貨幣は、世界的なイベントに合わせて発行するケースが少なくありません。数年に一度といった、頻繁でないイベントともなればなおさらです。

日本国際博覧会は、まさにそんな世界から注目を集めたイベントとなっています。この名称ではなじみが薄いかもしれませんが、愛知万博や、愛・地球博と聞くとイメージも湧きやすいことでしょう。2005年3月から9月にかけておこなわれた、日本開催の万博となっています。世界から注目を集めたほか、事実海を渡って参加する外国人観光客も多くみられました。

日本国際博覧会記念硬貨は、そんな愛知万博を記念して作った硬貨となっています。4年に一度のオリンピックや、30周年、50周年といった節目行事の記念硬貨も希少ですが、一生に一度機会に恵まれるかどうかというイベントだけに、記念硬貨の価値もさらに高まるといったところです。

事実、地球儀の絵と世界地図、そして愛・地球博の文字が刻まれた500円黄銅貨で600円、純銀仕様をベースに、中心に地球儀、その周囲に生い茂る若木を描いた1,000円銀貨で2,000~3,000前後、さらに地球と自然を背景に、そして生命の象徴として描いたコノハズクが印象的な10,000円金貨ともなれば、60,000円前後ものプレミアがついています。2004年イベントであり、現在では新しく手に入れることが難しいこと、そしてシンプルにこだわられたデザインであることなどが、相場価格の理由でしょう。

中でも10,000円金貨は、価値が突出しているのが分かります。純金製となっており、素材からして何とも高級感に溢れています。なお、コノハズクがデザインに採用されているのは、開催地の愛知県の県鳥であるためです。買取価格は60,000円ですが、販売価格ともなるとさらに上がり80,000円前後ともいわれています。きっと、特別な宝物になるに違いありません。

愛知県にある中部国際空港と開港記念硬貨について

豊田市は、世界的にも知られる愛知県の市です。愛知県中央付近北部に広がっており、約918キロ平米を誇ります。世界的に知られている理由は、何を隠そう世界に展開する大企業、自動車メーカートヨタにゆかりある市であるためです。かつて、豊田市は挙母市という市名でした。この漢字で、「ころもし」と読みます。そんな挙母市にて、トヨタの社長が会社を創業し、自動車メーカーを牽引するといっても過言でない大企業へと成長していきました。これにより、挙母市は車のまちとして盛り上がり、何と市名にまで創業者一族の姓である豊田となったのです。

自動車メーカーが由来になった市ともなれば、現代的に感じられるかもしれませんが、決してそうでもありません。歴史深い文化財や自然豊かな地域も多数有しており、充実した暮らしを送る上でも適しています。主には、国の名勝である旧龍性院庭園や、市の指定史跡七州城隅櫓跡や桜城隅櫓跡など、そして人と自然が織りなす日本の風景百選に選ばれる奥三河・足助の町並み、森林浴の森100選のひとつ昭和の森などが代表的です。

歴史深い豊田市に限った話でもありませんが、同じく歴史を味わえる存在として人気があるものに、古銭が挙げられます。歴史ファンの人なら、ロマン感じられてならない魅力的な骨董といったところでしょう。ではそもそも、古銭とはどのような存在なのでしょうか。

古銭は主に、昭和初期以前に使用されていた古い貨幣、また中国から伝わった貨幣などと考えられています。貨幣の元祖として知られる和同開珎や富本銭、また価値の高い小判など、時代によってさまざまな種類が生み出されていきました。とにかく種類が多く、コレクター心をくすぐってなりません。

また古銭だけでなく、記念貨幣も人気があります。これは、国家的行事やできごとを記念して、実際のお金として発行される硬貨となっています。そのタイミングで、限られた数のみ発行される硬貨であるため、古いものになると大きな価値をもちます。また資産としてだけでなく、節目のイベントを脳裏によみがえらせるためのまさに記念硬貨としての役立て方も有効です。

愛知県豊田市の特徴と古銭の基礎を知る

中部国際空港は、愛知県に発着する航空便の拠点となっている空港です。陸地でなく、海上につくられた人工島の上で運営されている点が特徴となっています。会場国際空港としては関西国際空港に続いて登場しており、航空機移動を必要とする多くの人の役に立っています。事実、国際航空運送協会においては関西国際空港と新千歳空港に並ぶ混雑空港であると認定しており、大きな賑わいが感じられてなりません。

開港は2004年で、同年には中部国際空港開港記念500円硬貨が発売されました。一度切りの開港記念なわけですから、愛知県に住む人、そして航空ファン、記念貨幣ファンにはたまらない逸品ではないでしょうか。記念硬貨でありながら、少々個性的なデザインという点もまた何とも目を引きます他ではなかなかお目にかかれない仕様が、とても印象的です。

素材には、銀100%が使われており、堂々の純銀製となっています。さらに多くの箇所にプルーフ加工を採用しており、まるで鏡のような光沢を感じさせます。良い意味で500円硬貨には思えないような高級感が楽しめます。

デザインは、表裏で違ったものが採用されています。まず表面ですが、飛び立つ飛行機内から見下ろした中部国際空港が描かれています。あえての窓越しの景色という視点に、こだわりを感じられてなりません。海上国際空港であることを表すため、空港周囲の空間に波のような複数の線を描いている点も特徴的です。金属製の硬貨でありながら、海のおだやかさや奥行、温かみまでをも感じさせてなりません。

裏面についても、一風変わったデザインが印象的です。中部国際空港上空を飛ぶ飛行機を、俯瞰でみた図を刻んでいます。さらにその飛行機は、レーダー表示のようなデジタルチックな手法で描かれています。何かと重々しい雰囲気が多い記念硬貨ですが、アイデアがふんだんに盛り込まれており何とも個性的です。その周囲には、「中部国際空港開港」の文字と平成17年という年度、そして500円という価値が記載されています。