おすすめ買取業者を見る

秋田県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

秋田県の魅力を収めた貨幣

秋田県は日本の東北地方に資する県です。日本海に面する県としても知られています。秋田県の気候は日本海に面しているため、気候区分は日本海側気候に分類されます。つまり沿岸部の登記の降水量自体は多くはありませんが日照時間が非常に少ないということが特徴の一つです。また内陸部においてはおよそ90%が特別豪雪地帯に指定されており、冬は非常に多くの雪が積もります。

夏は高温多湿で梅雨明けがないまま秋を迎えるということもあり、夏らしい夏を迎えることなく夏を終えるということも少なくありません。とはいえ季節風によって時折高温で乾燥した風が流れ込むことがあり真夏日は猛暑日になることもあるのです。急に熱くなる日が来ると体調を崩しやすくなりますが、秋田県の農作物にとっては豊作をもたらす風として喜ばれています。

秋田県の人口は高齢者の割合が34.7%と全国で一番高いというのが特徴の一つです。さらに人口減少率もここ最近は全国最多と言えます。2017年には百万人を割りました。一方で携帯電話やタブレットなどに欠かすことのできない固定コンデンサの出荷額は全国でも一位を誇ります。さらに日本酒の生産量も全国で6位となっており、お酒作りは楽しみの多い県とも言えるでしょう。

そのような秋田の数々の魅力を凝縮したデザインで人気を博しているのが地方自治法施行60周年記念貨幣として作られた千円銀貨幣と5百円バイカラークラッド貨幣です。千円銀貨幣については秋田県出身の探検家である白瀬矗の肖像となまはげデザインされており非常に迫力のあるデザインとなっています。また500円バイカラークラッド貨幣についてはやはりこちらも秋田県出身の探検家である白瀬矗の肖像と竿燈がデザインされており秋田県の魅力を凝縮していると言えるでしょう。千円銀貨幣は10万枚、5百円バイカラークラッド貨幣は174枚が発行されています。比較的手に入りやすい記念貨幣と言えるので多くの人がそのデザインを手に取って楽しむ機会もあるでしょう。

秋田新幹線とは

横手市は秋田県の塔南部に位置する市です。秋田県東南部の中心都市として栄えています。横手焼きそば屋2月に行われるかまくらが非常に有名です。横手焼きそばは日本最大焼きそばとして特に知られており、焼きそばの上に大きな目玉焼きの乗るのが特徴です。またかまくらというのは、別の言い方では横手のかまくらとも言われ450年ほどの歴史を誇る伝統的なお祭りです。

家々ではかまくら作りが行われ、横手の人々がこれまで長い歴史の中で育んできた文化を垣間見ることができます。現在では昔ほどかまくら作りが行われていないこともあり、今では観光行事としての意味合いが非常に強くなっています。

またたくさんの温泉があることでも横手市は有名です。横手駅前にも温泉がありますしその他にも様々な家に温泉があるため、横手だけでも数々のお湯を楽しむことができるでしょう。

横手市で古銭買取を行ってもらいたい場合は、いくつかのポイントを抑えることでより高値で買い取ってもらうことができるでしょう。そのうちのポイントの一つは保存状態です。古銭買取の上で一番渋谷に見られるのがカビてしまって変色している状態かどうかということです。もしもカビで変色していなければ良い査定がなされることでしょう。

とはいえもしカビなどがあったとしても自分で綺麗にしようとしない方が良いでしょう。ヘタに磨いたり洗ったりするとそこが傷になってしまいかえって査定額を下げてしまうことにもなりかねません。

さらにケースや額といった付属品は全て揃えることにしましょう。買取業者はそのような付属品が揃っている場合一括してコレクターに売ることが可能です。またそのように付属品が揃っているものは保存状態がとても良いことも多くコレクターにとっては魅力的なものと映るでしょう。そのように買取業者にとって転売しやすい状態で査定を出すことは高値で取引することができるひとつのポイントとなります。さらに古銭買取の場合には売りたいものをある程度の量を集め、一気に査定し売却することでより査定額を引き上げることもできるでしょう。

横手市の歴史と古銭買取のポイント

秋田新幹線は盛岡駅から秋田駅までを走行する新幹線です。ミニ新幹線方式という方法がとられています。ラインカラーがピンクであるのが特徴です。とはいえ秋田新幹線という正式な名称を持つ路線は存在はせずあくまで通称となります。盛岡駅から東京駅間では東北新幹線との直通運転を行っていますので東京駅から秋田駅区間も秋田新幹線と呼ばれることもあります。

秋田新幹線は1997年に開業されました。その際のイベントは蒸気機関車とこまちとの並走が行われ大盛況のうちに開催されました。このような蒸気機関車とミニ新幹線車両との並走のイベントはこの後も何度か行われることになります。

運行形態としてはE6系電車7両編成を使用したこまちが運転されています。全国花火競技大会という大曲の花火大会が開催される時には、大曲駅が始発、終着となる路線も運行されています。またこの時ばかりは午前0時以降にも臨時列車が運行されており、秋田の人々の大切な足として活躍しています。

この秋田新幹線をモチーフにした百円クラッド貨幣も2016年に298万枚ほど発行されました。表面の図柄としてはE6系の秋田新幹線、そしてこの時発行された記念貨幣共通のデザインとして裏面には0系新幹線の図柄がデザインされています。それほどプレミアが期待できる記念硬貨ではなく買取目安としては額面通りの100円からとなっています。しかしながらこの時発行された数々の百円クラッド貨幣と共に並べると非常に美しいデザインが際立ちます。

新幹線鉄道開業50周年記念として1000円記念硬貨とこの100円記念硬貨が発行されました。いずれにしても額面通りの買い取り価格に落ち着くことがほとんどで今後も希少価値などがつくような予想は立てられていません。誰でも記念硬貨を簡単に手に入れることができるでしょう。またケース入りの全種セットを所有している方にとってはさらに買取価格が上がる可能性もあります。

もしもこうした記念貨幣をお持ちの方で古銭買取の見積もりを取りたいと思われている方は複数の業者に見積もりを取ると良いでしょう。