おすすめ買取業者を見る

青森県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

青函トンネル開通記念硬貨とは

青函トンネル開通記念500円硬貨は表面に青函トンネルと津軽海峡を表す波模様が描かれているのが特徴です。浦和には青函トンネルが通じている日本地図が描かれています。この青函トンネル開通記念硬貨とは1988年に青函トンネルが開通したことを記念して作られた記念硬貨のことです。

青函トンネルとは本州と北海道をつなぐ海底トンネルのことです。青森県から北海道に向けてトンネルが開通しておりそこを電車が走ります。青函トンネルは1988年に開通となりましたが実はその計画は戦前から練られていたものでした。そのため青函トンネルは満を持して完成したトンネルと言えます。貨物輸送の面で非常に利便性が高いことから日本の貨物輸送のメインとなる役割を担っているのです。特に北海道の農産物を安定して供給する上で欠かすことのできない交通手段となっています。

青函トンネルを走る列車ということで、非常にファンも多く多くの人に愛されてきた路線です。この青函トンネル開通記念硬貨は際立ったプレミア価値はついてはいません。とはいえ完全未使用の備品であれば1500円から2000円前後で販売がなされています。比較的コレクターにとっては手に入れやすい記念硬貨として知られています。デザイン性も非常に高いためコストパフォーマンスの良い硬貨と言えるでしょう。

買取価格はと言うと1000円前後が相場のようです。今のところ将来的に価値が急上昇すると読み込みもありませんのでもし持っている方で他の古銭と一緒に見積もりを行いたいという場合には、コラ効果を含めても良いかもしれません。買取の見積もりはメール査定を依頼することもできます。しっかりとした専門家に状態を確認してもらい適正な値段をつけてもらいましょう。いくつかの買い取り業者をまとめて見積もることもおすすめです。しかしながらもし複数枚持っているわけでなければ、青函トンネルという独特の味わいを持つ路線の記念としてそのまま保管しておくということもよいでしょう。

青森の魅力を伝える貨幣

青森県の西部に位置する弘前市は非常に美しいと地として知られています。日本で最初に市制施行時に指定された都市のひとつとして歴史を誇ります。元々は弘前藩の城下町として栄えていました。その名残もあり現在も青森の津軽地方を支える中心都市として活躍しています。人口は約31万人と非常に多く、青森を代表する県と言えるでしょう。

弘前市の概要としては青森市や八戸市に次ぐ県内では3番目の大きな都市となっています。戦後に国立大学が新設されたこともあり今でも学園都市としての性格を持った都市となっています。また青森といえばりんごが有名ですが、弘前市はリンゴの生産量が全国1位という実績を誇ります。毎年弘前公園で開催される弘前さくらまつりや美しい弘前城がとても有名です。また青森ならではの祭りであるねぶた祭りの開催されており毎年100万人以上もの人で賑わいます。このような理由から青森でもひときわ活気のある街として弘前市は知られているのです。

弘前市で高値で取引がされている記念硬貨の中には、非常に価値のあるものが含まれてますので、古銭買取業者に見積もりを依頼した方が良いでしょう。東北にゆかりのある記念硬貨も数多く取引されており、とりわけ保存状態が非常に良好なものだと実際の価格よりもかなりの高値で取引されることがあります。自分のもと記念硬貨をできるだけ高く買い取ってもらうために複数の業者に見積もりを依頼することも良いでしょう。

古銭買取業者に見積もりを依頼する方法としてはメール査定を依頼することが一番手っ取り早いと言えます。もちろん見積もりを取ったからといって必ずその業者に売らなければいけないというわけではありませんので、複数の業者はよく比べながら一番高く買い取ってくれるところを探しましょう。そして複数の業者を見積もることによって本当の相場というものを知ることもできます。こうした理由からせっかく持っている記念硬貨をできる限り高値で買い取ってもらうよう工夫しましょう。せっかくの記念硬貨ですので自分が納得する金額で買い取ってもらえない場合には買取を断ることももちろん大切です。

弘前市の魅力と記念硬貨

千円銀貨幣『ねぶた・ねぷたとりんご』はまさに青森の魅力を凝縮した逸品といえるでしょう。青森といえば代表的な農作物であるりんごと、青森を代表するねぶた祭りの迫力を十分に伝える素晴らしいデザイン性となっています。千円銀貨幣『ねぶた・ねぷたとりんご』は地方自治法施行60周年を機に造られた記念貨幣です。47都道府県で作成されていますが、青森のデザイン性はとりわけ目を引くものの一つとして知られています。

五百円バイカラー・クラッド貨幣『三内丸山遺跡と土偶』は、三内丸山遺跡に復元された大型堀立柱建物を青森県内で発掘された遮光器土偶、合掌土偶とともに配置した非常にユニークな貨幣です。青森の人々の当時の暮らしぶりを伝える非常に貴重な史跡として注目されています。このデザインは非常に土偶の可愛さが引き立っており、コレクションの色を添えるものとなるでしょう。

青森県は日本の本州最北端に位置する県として知られています。県の人口は全国では31番目に多い県となっています。青森独特の方言である津軽弁や南部弁などが有名です。食文化としては海産物や砂糖入れた甘口の赤飯など青森ならではの珍しい食べ物が多く存在します。一つの鍵の特徴としてほとんどの地域で甘口のものを食べているということが挙げられます。甘いものが好きな方にとってはとても魅力的な県と言えるでしょう。

青森の誇る特産品は、リンゴだけではありません。ごぼうやニンニクはなんと全国一の出荷量を誇ります。さらにながいもやダイコン、ニンジンなど、日本の食卓には欠かすことのできないさまざまな食材を供給しているのです。青森は夏でも比較的涼しい気候が続くので、こうした野菜の栽培に非常に適しています。

さらに青森はリンゴジュースをはじめとする、農作物の加工においても優れた技術を持っています。野菜や果物や水産物などあらゆる素材が加工品として楽しむことができ、形を変えて素材のおいしさを楽しむことができます。こうした点も青森ならではの特徴と言えるでしょう。