おすすめ買取業者を見る

千葉県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

海岸線の美しい千葉県の地方自治法施行60周年記念貨幣

東京と並ぶ、関東の主要な県として、千葉県が挙げられます。東京都のほか、茨城県・埼玉県・そして海を隔てて神奈川県と隣接しており、都市的な生活を送る上で適しています。約51キロ平米と比較的小規模な面積にもかかわらず、約626万人の人で賑わう人口密度の高い県です。

県のほとんどが房総半島で構成されていることから、臨海部が多い点も特徴的となっています。シーズンになると、海水浴やサーフィンのメッカとして、毎年多くのレジャー客でにぎわいます。県内外から人々が押し寄せるため、熱気はまたさらに高まるといったところです。

地方自治法施行60周年記念貨幣についても、そんな千葉県ならではの特色が反映されています。たとえばカラー仕様の千円銀貨幣については、東京湾アクアラインが鮮やかに描かれています。近未来的でもある東京湾アクアライン連絡道と、それらを取り囲む青々とした東京湾が美しいレイアウトで描かれており、何ともさわやかです。東京という地名が名前についていますが、神奈川県から東京湾を縦断して千葉県木更津市に至る高速道路であるため、千葉県のシンボルとしても有名な存在です。

そんな東京湾アクアラインを背景に際立っているのが、発色良い黄色が際立つ、菜の花です。全面にリアルなタッチで描かれており、何とも目を引きます。千葉県の地方自治法施行60周年記念貨幣に菜の花が採用されているのは、この花が千葉県の県花であるためです。

千葉県の海を語る上で、もうひとつ忘れてはならない存在があります。千葉県房総半島東岸にある、九十九里浜です。小説や歌の歌詞などにたびたび登場しており、高い知名度を誇ります。全長約66キロメートルと規模が大きく、象徴的な存在です。日本の白砂青松100選と日本の渚百選にそれぞれ選ばれており、名実共に高い評価の観光地です。地方自治法施行60周年記念貨幣の五百円クラッド貨幣には、そんな九十九里浜の海岸線が採用されています。規模の大きさが一見して分かるような描き方となっており、何とも雄大です。

山海の魅力をあわせ持つ千葉県大網白里市と希少な古銭

千葉県勝浦市は、犬の顔と例えられる千葉県の南東、下あごにあたる場所あたりに置かれた市です。人口密度はキロ平米あたり約190人と、県内においては決して多い方でもないでしょう。これには理由があり、市域の約3分の2が山地になっているためです。利便性の高い居住に適した場所が少なく、そもそも人口が増えにくい傾向にあります。

ですが、全国的名を知られた市に他なりません。理由は、漁業が盛んな千葉県でも有数の漁獲高を誇る漁師町であるためです。千葉県勝浦市の勝浦漁港は、そうした理由からたびたびニュースなどでも取り上げられています。主な収穫できる魚としては、名産でもあるカツオをはじめ、マグロ・キンメダイ・カジキ・イカなどが有名です。勝浦漁港以外にも、10近くの漁港を有しており、漁業の活発さが窺えてなりません。

そうした理由には、海の幸をはぐくむ上で適した、海岸線の形状が挙げられます。複雑に入り組んだリアス式海岸となっており、豊かな海産資源を維持しています。そんな貴重な景観は、南房総国定公園に指定されており、千葉県の誇る目玉的地域に他なりません。

長い年月をかけてでき上がったリアス式海岸が公式に評価されているのと同様で、古い骨董価値があるものは人気が高まりやすいです。古銭は、中でも代表的なジャンルでしょう。日本のみならず、世界的に高いコレクター熱を誇ります。

海外で特に盛り上がりを見せているのは、中国です。そもそも貨幣は中国の文化を模したのが最初といわれているので、日本以上の歴史を有しています。古いだけでなく、昔の中国ならではのデザインは、芸術性の高さも目を引きます。

プレミアがつくものとしては、たとえば「大清銀幣・銅幣」が有名です。前者で5万円、後者10万円もの価値がついており、海外オークションでも人気が高いです。そしてさらに高価なものとしては、刀の形をした貨幣が挙げられます。書かれる字数が多ければ多いほど価値は高まるのですが、「五字刀」と呼ばれる5文字のものとなると80万円にも達します。コレクションとして、そして文化を知るための骨董品として、中国貨幣はチェックしておいて損のない存在といえるでしょう。

千葉県勝浦市と人気の海外古銭の歴史

あまりメジャーな市でもないかもしれませんが、大網白里市は千葉県の県庁所在地の東隣に位置する比較的中心的な地域です。ですが、面積、人口共に小規模となっており、ゆったりとした時間が感じられてなりません。そのため、千葉市、さらには東京都内へのアクセスに適したベッドタウンとしても重宝します。

東西に長細い形状であるため、東で千葉市と隣接している一方、西で海岸線と面しています。千葉県の象徴ともいえる美しい九十九里浜が広がっており、海水浴やサーフィンを趣味とする人にも魅力的でしょう。そうした理由から、西部大網地区に、中央部増穂地区の丘陵・田園部、そして東部白里地区の海岸部と、山海両方の特徴をもつ県としても印象的です。

観光スポットとしては、やはり海岸部がメインとなります。白里中央海水浴場・四天木海水浴場・南四天木海水浴場と複数の海水浴拠点をもっており、気分に合わせて訪れられるといったところです。市内はもちろん、距離が近いため、休日のたび千葉市内や東京を訪れるといった楽しみ方でも問題ありません。その他、神社や寺、城跡などの旧跡についても充実しています。

歴史に触れる方法は、何も旧跡群を訪れることばかりでもありません。手軽な歴史価値のある古銭を手にすることで、日常的にも楽しめます。また古銭は、手放してお金に換えられる資産としても魅力的です。

貴重なものとしては、たとえば新20円金貨があります。明治30年発行の歴史的価値が高い金貨となっており、100,000~500,000もの価値が期待できるそうです。コレクターに人気が高く、多くの買取店で優遇されるでしょう。

旬な古銭としては、東京オリンピック記念貨幣があります。第18回夏季オリンピックのコインにして、日本で最初の記念硬貨でもあります。2020年東京オリンピックが近づく今だからこそ、注目度は高まっています。

さらに希少度の高い古銭としては、江戸時代に作られた明暦大判金が有名です。明暦3年の大火で焼けた幕府の埋蔵金を鋳造しなおして作った、美術品としても価値の高い古銭です。それこそ、100万円は下らないとさえいわれているほどです。