おすすめ買取業者を見る

福井県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

北陸地方西部に延びる福井県の地方自治法施行60周年記念貨幣の特徴

福井県は、中部地方、もしくは北陸地方に分類される日本海側の県です。東西に細長い形状となっており、約77万人の人々が暮らしています。海岸線を長く有するため、やはり中心的な産業は漁業に他なりません。日本海、そして豊かな海として知られる若狭湾の恩恵を受けて、質の高い魚介を収穫しています。

また、福井県を語る上で外せない存在として、恐竜も見逃せません。福井県と恐竜となると、少し縁のうすい関係性のようにも思えるかもしれませんが、決してそうでもありません。なぜなら、福井県は勝山市において、日本では珍しい恐竜化石がみつけられたためです。約1億2千万年前に生息していたと考えられる、フクイラプトルと名付けられた恐竜で、福井県固有の種であると考えられています。県内には大型の恐竜像が置かれるなど、観光の目玉としても役立てられています。恐竜好きにとって、嬉しく感じられるスポットでしょう。

地方自治法施行60周年記念貨幣においても、やはりそんな福井県ならではともいえる特徴の恐竜デザインが採用されています。千円銀貨幣と五百円バイカラー・クラッド貨幣の2種類がありますが、いずれも恐竜が描かれています。こちらもまた、記念貨幣好きはもちろん、恐竜ファンもぜひチェックしておきたいところです。

まず千円銀貨幣については、カラー仕様で大きく口を開けた雄々しいフクイラプトルの姿が描かれています。カラーだからこその迫力が、何とも印象的でなりません。またメインの恐竜だけでなく、背景にも福井らしさをとりいれています。同じく迫力満点の絶景でおなじみの、東尋坊の風景が採用されています。

五百円バイカラー・クラッド貨幣については、より恐竜の魅力に焦点をあてたデザインになっています。フクイサウルス、そしてもうひとつの福井県で発見された恐竜である、フクイサウルスを描いているのです。筋肉の動きや表情まで細かに刻まれており、今にも動き出しそうな印象ですらあります。金属硬貨ならでは質感も相まって、何ともおしゃれな出来栄えです。

城下町として人気の高い福井県大野市と古銭買取のための準備

敦賀市と書いて、「つるがし」と読みます。福井県南西部、領南地方に位置しており、北方から深くえぐったような形状の敦賀港を擁しています。この港は国内外における重要拠点となっており、北海道行フェリーの定期航路、韓国行コンテナ船航路が開設されているなど、活発に活用されています。また、欧亜国際連絡列車の日本側入り口として紹介されている、数少ない街のひとつとして外国製地球儀に記載されていることでも存在感を放っています。

海に広く面した立地は、港湾街として適しているだけでもありません。実は、発電所を運営するにおいても理想的な地形となっています。そのため、原子力発電をおこなう敦賀発電所や、原子炉廃止措置研究開発センター、高速増殖炉研究開発センターもんじゅ開発部、また敦賀火力発電所など、多くの施設が集中しています。

一般の観光客に人気のあるものとしては、敦賀ラーメンがあります。それこそ、屋台のラーメンを食べるために市内外から人々が集まるほどです。特に毎年9月におこなわれる敦賀祭りにおいては、大きな混雑すら記録するほどです。

硬貨における人気ものとしては、記念貨幣が挙げられるでしょう。小さく収集しやすく、なおかつ節目ごとの趣が味わえるため、国内外から注目を集めています。ですが、実用するためにはどうすれば良いのか、詳しい人はあまり多くないかもしれません。

貨幣と名がつくだけに、記念貨幣は事実現金価値も有しています。ですが、そのままの状態では支払いができるところとできないところがあります。そのため、できれば普通の通貨に換えてから使用したいところです。おすすめは、銀行を利用する方法です。身近であり、また安心感も伴うことでしょう。手数料不要で、だいたい30分~1時間ほどで換金できます。基本的には、額面通りの価格と交換する形となります。

ただ、記念貨幣はものによってプレミアがついていることも少なくありません。買取店で売却した方がお得な場合もあるので、銀行での換金はそちらを検討してから考える方が良いでしょう。

原子力発電所の街として知られる敦賀市と記念硬貨を銀行両替するときのポイント

福井県大野市は、県内でも有数の存在感を誇る市です。というのも、県内で堂々の広さを誇っており、それこそ県の約5分の1にすら相当する面積であるためです。約872キロ平米の広大さで、県東部にて存在感を放っています。面積の大きさゆえに、隣接している地域も多く、県内の市だけでなく、石川県白山市、岐阜県高山市、郡上市などとも触れています。

大野市の特徴は、城下町の名残が色濃く残っている点でしょう。堂々たる大野城も残されており、越前の小京都とも呼ばれています。明治時代まで大野藩の藩庁が置かれた大野城は、現在天空の城というキャッチコピーで名所として宣伝されています。その名のとおり、高い位置に築かれた城であるためです。時期によっては周囲を雲海が取り囲み、まさに天空に浮かんだ城のような存在感を感じさせてくれます。

その他観光の目玉としては、朝市が挙げられるでしょう。大野市の観光名物とされており、春分の日から大晦日にかけて七日通りで開かれています。地元でとれた新鮮な野菜の並ぶ様子は、大野市の風物詩ともなっているようです。400年前から続く市だけに、歴史の深さが感じられてなりません。

同じく歴史の深さが印象的な存在として、古銭が挙げられます。収集して楽しむのも良いですが、売却して資産形成に役立てるのも有益な利用法です。ですが、この際しっかり準備をおこたらないようにしておきましょう。なぜなら、必要な準備がなくてはせっかくの価値ある古銭も売れなくなってしまうためです。

特に重要なのは、本人確認書類です。持ち物を手放すだけとはいえ、そこには大きな責任が伴います。具体的には、盗品の売買を防ぐことが大きな目的です。古銭は資産価値の高い存在であるため、盗難をおこなって現金化しようとする悪質な人間も一部存在しています。住民票の写しや免許証、健康保険証、パスポート等を準備して、スムーズに手続きができるようにしておきましょう。