おすすめ買取業者を見る

福島県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

福島県の魅力を凝縮した記念貨幣

郡山市は福島県にある都市です。仙台市やいわき市について東北地方では3番目に人口が多い中核市となっています。郡山市は大山脈の東西に亘理西側は日本海側の猪苗代湖の南部で東武は阿武隈高地に及びます。そもそも郡山は江戸時代には奥州街道の郡山宿がありました。そして郡山駅が後に鉄道路線の分岐駅となったため人や物が集まるような場所になってきました。大正時代に入ると郡山市が福島県最大の土地として栄えました。

郡山市は高度経済成長期において京浜工業地帯の企業が多く進出したために関東地方とも深い繋がりを持つ都市として成長しました。2013年には人口が30万人を超えました。そのためそれまで県内では最大だったいわき市を抜き県内で最大都市として復帰しています。郡山市の気候としては一年を通して乾燥した気候であることが特徴です。市街地はヒートアイランドともなっています。冬場は日中の平均最高気温が4.4°と非常に低く、厳しい寒さが見込まれます。

郡山市で古銭買取業者に見積もりを依頼する場合にはあらかじめ自分で価値のある古銭であるのか確かめる方法もあります。一つは古銭業者が用意する一覧リストから買取相場や価値を調べることです。また一番手っ取り早い方を落としては古銭買取業者にメール査定を依頼して今現在の正確な古銭の買取価格や価値を調べることも可能です。こうした下調べを行うことによって損をしない取引ができるでしょう。

しかしあまり古銭に詳しくない素人にとってはなんという古銭なのかを調べることの難しいことがあります。ものによっては少しの差で大きく値段が変わってしまうようなものもあるため素人判断で正確な価値をはかることは難しいと言えるでしょう。そのためやはり始めからプロの鑑定士に自分の持つアイテムを査定してもらうのが良いでしょう。査定してもらう際にはいくつかのアイテムをまとめて査定に出した方が買い取り価格が高くなるという傾向もあります。

郡山市の特徴と古銭買取

福島県は東北地方の県で、県庁所在地は福島市です。東北に置いては仙台市を県庁所在地とする宮城県に次ぐ人口を擁します。面積も非常に広く、北海道と岩手県に次ぐ3位を誇ります。福島県の歴史は大変古く、人々の暮らしの後は後期旧石器時代にまでさかのぼります。県内には平林遺跡などの遺跡群があります。こうした遺跡から多くの石器が発見されており、人々が古くからこの土地で生活を営んできたことがわかります。

歴史の舞台として福島がクローズアップされる一つに、幕末が挙げられます。かつて現在の福島県には会津藩という雄藩がありました。この会津藩は新選組を抱える藩としても知られており、最後まで新政府軍に抵抗しました。白虎隊の悲劇などが有名です。1876年に廃藩置県によって現在の福島県が誕生しました。東日本大震災の際には非常に大きな被害を受けました。浜通り地方を大津波が襲い、福島第一原発に大きな被害をもたらしました。いまだに傷跡が癒えない場所もあり、今後の復興が願われています。

福島県をモチーフにした記念貨幣として有名なのは、地方自治法施工60周年記念貨幣です。千円銀貨幣は表面に福島県が生んだ偉人、野口英世と磐梯山、猪苗代湖がカラーで描かれています。また、5百円バイカラークラッド貨幣には相馬野馬追から甲冑競馬の様子がデザインされています。このように福島県の様々な魅力を凝縮した記念貨幣は非常に人気が高くコレクターの間でも取引がなされています。

1000円金貨幣に描かれている野口英世は福島県出身の細菌学者です。ガーナ共和国で研究している際51歳で死去しています。さらに磐梯山は福島県の猪苗代町にある日本百名山の一つです。非常に美しい山であることから多くの愛好家がいます。また猪苗代湖は日本で4番目に広い湖として知られています。水質としては湖の中で日本一となっている非常に美しい湖です。このように福島県の魅力を十分に表現した美しい記念貨幣となっているのです。