おすすめ買取業者を見る

岐阜県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

神秘的な山村風景で知られる岐阜県の地方自治法施行60周年記念貨幣

岐阜県は、中部地方に広がる日本でも数少ない内陸県のひとつです。約10,600キロ平米の面積は、日本トップクラスに他なりません。廃藩置県の際に、ひとつの藩だけでなく、美濃国と飛騨国、さらに他4つの藩の一部も統合されたため、広大な面積を誇るようになったのです。

山々により構成される景色が印象的であり、特に北部においてはその特徴が色濃く感じられます。北部飛騨地方においては、標高3,000メートル級の山々が連なる飛騨山脈が広がっており、何とも雄大でなりません。ですが逆に南部においては、平野部が多くを占めるため、人々の生活に適した低地となっています。

また、古くから受け継がれる伝統工芸を多く現代に残している地域でもあります。陶磁器の美濃焼、漆器の飛騨春慶、木工品である一位一刀彫といった具合に、伝統際立つ工芸に溢れています。岐阜県郷土工芸品も含めると、それこそ10近い数に至ります。

地方自治法施行60周年記念貨幣においても、やはりそんな古くから伝わる伝統の部分をデザインした仕上がりとなっています。日本の良さを再確認できるような、いやしすら感じられてなりません。

たとえば千円の銀貨幣においては、独特の漁技法である鵜飼が描かれています。長良川の川面を火で照らしながら、装束に身を包んだ鵜匠が巧に縄をさばき鵜を操っています。先端には三羽の鵜が描かれており、魚を掴む様子から羽根のニュアンスまで、細かく再現しています。伝統的な漁法ですが、現代もなお観光客向けに継続されています。幻想的な火に照らされる中、巧に鵜を操る様子に、人々は目を奪われます。

幻想的なのは、五百円のクラッド通貨においても同様でしょう。岐阜県の象徴ともいえる、白川郷の合掌造りをデザインしています。堂々の世界文化遺産となっており、集落にはまるでタイムスリップしたかのような原風景が広がっています。コインに目をやるたび、そんな貴重な風景を思い返せるのではないでしょうか。

岐阜県の中央部に広がる郡上市の特色と古銭管理の秘訣

可児市と書いて「かにし」とよむ岐阜県の市は、県内南部にある小規模な地域です。広大な岐阜県にあるだけに、88キロ平米の小ささはより際立って感じられることでしょう。ですが、6の市町と愛知県の一部に隣接する、各方面へのアクセスに適した位置でもあるため、生活の上で利便性を感じられるという特長も持ち合わせています。事実、市の大きさに反して人口密度は約1,100人と高い値を誇っています。これは、各方面への移動に適していることはもちろん、愛知県名古屋市のベッドタウンとして人気を有しているためです。

また、現代だけでなく古代においても重要な地として位置づけられていました。長塚古墳や次郎兵衛塚一号墳といった貴重な古墳遺跡がある、またかつての武将や著名人の生誕地、さらには名高い焼き物である志野焼の発祥地など、時代や文化を彩る上でなくてはならない地であって他なりません。歴史探索を楽しむ上でも、適しているかもしれません。

そういった理由から、もしかすると歴史好きが高じて可児市で生活しているという人もいるかもしれません。そんな人におすすめしたいのが、古銭買取のコツです。手軽に歴史を堪能できる骨董品の代表格である古銭ですが、実は買取を検討する際、少しコツがいります。このコツを守らなければ、本来の価値を下回ってしまうかもしれないほどです。

たとえば、外気にあまり触れない状態で保管し、査定の際もそのまま持参しましょう。古銭は湿度や紫外線に弱いため、より密封に近い状態での管理が理想的です。店舗でもそのような状態で売られるので、査定だからといってわざわざ出す必要もありません。さらには、洗わない状態でもっていくようにも心がけてください。きれいな方が価値が上がるように勘違いしがちかもしれませんが、余計な傷をつけることもあるので、避けるべきです。

また、鑑定書がついているものは、ぜひ一緒に持参してください。古銭の価値の、証明となるためです。鑑定書の有無ひとつでも、価値が上下することも少なくありません。

岐阜県南部の小さな市可児市と古銭を高く売るコツ

岐阜県の中央部北側に大きく広がる地域が、郡上市です。県内では東側で隣接している高山市の次に大きな面積となっており、位置的な特徴もあり、大きな存在感を表しています。銚子が峰や芦倉山など、標高の高い山を多く擁しており、自然にあふれる景観が印象的となっています。民家の立ち並ぶ市内中心的な場所においても、周囲を小高い山々が取り囲んでおり、何とも落ち着きが感じられてなりません。

中でも代表的な街に、郡上八幡こと八幡町があります。八幡町とはかつての郡上市の呼び名ですが、古き良き街並みが残ることから、「小京都郡上八幡」として広く知られているのです。歴史を味わいながらいやしが感じられる土地であるため、遠方から訪れる観光客も少なくありません。

岐阜県内に位置するため、海に面してはいませんが、漁業が盛んにおこなわれています。鮎やアマゴといった、川魚を獲る文化があるためです。日本を代表する河川のひとつ長良川においておこなわれる鵜飼漁は、全国的にも知られています。

郡上八幡のような古き良き街並みを維持するのは、大変です。それは古銭も同様であり、日々の管理が欠かせない存在であるといえます。特にポイントとなるのが、環境についてです。古銭は金属や紙といった、環境に状態を左右されやすい材質でできています。そのため、環境の管理が欠かせないのです。

特に注意すべきは、湿度や紫外線でしょう。これらは色落ちや腐食、さびなどの原因となってしまいます。おすすめは、ひとつひとつを小型のファイルに収めておく方法です。まとめて管理しないのは、古銭同士がこすれあって傷ができないようにするためです。ていねいに収めたら、直射日光や湿度の面で安心できるケースなどにしまっておきましょう。

古銭を大事にする理由は、美しい状態を保つためだけでもありません。買取に出す際の、価値を保つ上でも重要です。貴重な古銭であっても、状態によって価値は上下するためです。ポイントを押さえて、大事に保管してください。