おすすめ買取業者を見る

群馬県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

群馬の魅力を伝える貨幣

群馬県は日本の都道府県の一つで関東地方に位置しています。県庁所在地はまえばししというところです。群馬県の歴史としては、旧石器時代に国の史跡として指定された岩宿遺跡が有名です。旧石器時代の遺跡として現在では150以上の遺跡が発見されています。その遺跡から出土する様々な石器や石材が非常に多いのも特徴で現在では2000点あまりに登るとされています。以前から非常に大きな遺跡として注目されており当時の人々が物の交流や交易を盛んに行っていたことがわかります。

江戸時代初期には東国の北の守りとして重要なポイントとしてみなされていました。幕府領を支配するだいかんの陣屋が置かれていた岩鼻はとても有名です。江戸時代から昭和になるまで絹織物の生産が非常に盛んに行われてきたことも特徴の一つです。織物の生産が盛んであることによって女性であってもある程度の経済力を有することができ、そのせいか従属的な位置に甘んじない非常に独立心のある女性が多いとも言われています。

このような群馬の魅力を一枚の貨幣に凝縮しているのが地方自治法施行60周年記念貨幣です。絹織物が盛んだった群馬県の魅力を最大限に伝えるべくその貨幣には様々な工夫がなされています。千円銀貨幣と5百円バイカラークラッド貨幣が発行されました。とりわけ千円銀貨幣はカラーで印字されておりとても美しく仕上がっています。富岡製糸場繭倉庫と倉庫で働く工女がデザインされた千円銀貨幣は絹織物によって大きく発展してきた群馬県の歴史を物語るものとなっています。同じく5百円バイカラークラッド貨幣の方でもやはり富岡製糸場東輸送こと工女がデザインされており千円銀貨幣とはまた違ったシックな雰囲気で群馬の魅力を伝えています。

このような記念貨幣は額面の値段の2倍ほどで取引されることがほとんどのようですが、どのような状態で保存されてきたかによっても大きく価格は変わってきます。そのため買取の見積もりをしてほしいという場合にはプロの業者に査定を依頼すると良いでしょう。

桐生市の特徴と古銭情報

高崎市は群馬県の中部よりやや南西に位置する都市です。群馬県内では最大の人口を有する中核都市として存在しています。高崎市の気候としては太平洋側気候と内陸性気候を併せ持つことが特徴です。夏の日中は非常に高温となることが多く全国一位を記録することもあります。しかしながら熱帯夜になることは非常に稀であるため、日中さえやり過ごせば過ごしやすい夏とも言えます。

高崎市は昔から音楽に関する活動が盛んであることでも知られています。高崎市は音楽のある街と銘打ち様々なバンドが活躍しています。高崎市は日本の地方オーケストラの先駆者として活躍してきました。群馬県交響楽団はプロオーケストラとして国内では3番目に古い歴史を誇ります。またオーケストラを持つとしとして三大都市圏でも県庁所在地でもない都市は高崎市のみです。こうした音楽に対する熱心な取り組みによって1961年には群馬音楽センターが設立されましたが、その予算は市の自己予算と市民による寄付によって賄われました。

こうした高崎市で古銭買取業者は数多く存在しますので、もしも手持ちの古銭を手放したいと思う方は一括して見積もりを出すことができるでしょう。しかしながらもしも銀行で古銭を換金したいという場合どの銀行でも現在のお金と交換できるわけではないという点を覚えておきましょう。古銭を交換するには日本銀行に直接持っていく必要があります。現在は発行されていない子線であったとしても有効とされているものであれば新しいお金と交換することができます。

日本銀行で交換してもらえる古銭としては昭和57年発行の500円白銅貨幣、昭和32年と昭和34年に発行された100円銀貨幣、昭和30年と昭和34年に発行が開始された50円ニッケル貨弊、昭和28年の10円青銅貨幣、昭和23年と24年の10円青銅貨幣が挙げられます。これら以外の貨幣は銀行で換金することはできませんので古銭買取業者に見積もってもらう方が良いでしょう。

高崎市の特徴と古銭の換金方法

桐生市は群馬県の東部に位置する市です。奈良時代から 絹織物の産地として有名です。 非常に歴史のあると地として存在しており市内にはたくさんの歴史的な建物や重要な文化財が残されています。 桐生市の気候は太平洋側気候に属しますが夏と冬の気温の差が非常に大きいのが特徴です。 年間の平均気温は14.3°であり夏の最高気温は39.9度を記録したこともあります。

桐生市の郷土料理としては おきりこみが有名です。 おきりこみとは煮込み麺料理の一種であり地方によって異なる呼び方で呼ばれることもあります。 基本的に麺は小麦粉で作った幅の広いものを使います。 生麺のまま様々なことともに煮込み味噌ベースや醤油ベースのスープで味わうことになります。 具は野菜が中心とされますが、 主に根菜類が中心に使われます。桐生市に立ち寄る際にはこうした郷土料理を味わうことも旅の楽しみとなるでしょう。 非常に似ているものとして山梨県のほうとうがありますが共通点としては二毛作で小麦生産がさかんな地域であるということが挙げられるでしょう。

桐生市にもたくさんの古銭買取業者が存在します。もしも家にある古銭の処分に困った場合にはこうした買い取り業者に見積もりを出すことにしましょう。古銭買取業者が買い取ってくれれば処分をする手間も省けますし同時に利益にもなります。自分には不要と思える古銭であったとしても人によっては非常に欲しいということもあり、思いがけず高音をつけることもあるでしょう。その際には自分でクリーニングなどをせずにそのままの状態で買い取り業者に査定を出すことをお勧めします。メール査定などが一括でできますので時間のない方でも簡単に手続きをすることができるでしょう。

もしも不要な古銭を売るのではなくて処分しようとする場合には住んでいる自治体の決まりに従うことが大切です。基本的に古銭はお金ではあるものの資源ごみとして捨てる必要があります。しかしながら細い処分方法は実際によって異なりますのでそれぞれの時代のやり方をその都度確認することにしましょう。