おすすめ買取業者を見る

茨城県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

茨城県の魅力と記念貨幣

日立市は茨城県の北東部に位置する都市です。太平洋に面する都市としても有名です。中でも有名なのは、電機メーカーとして世界的な知名度を誇る日立製作所の創業の地であることでしょう。もともと日立鉱山から発展した工業都市である日立市は、江戸時代から銅山の開発などにいそしんできました。企業城下町として一世を風靡した日立市は今でも日本の工業を支える都市として活躍しています。

日立市の気候としては、太平洋と阿武隈高地に挟まれていることから、比較的温暖であることが特徴です。とはいえ、夏もさほど真夏日が続くようなことも気温的にはなく、冬は付近の都市に比べると平均気温が高いため、比較的住みやすい気候といえるでしょう。海に面しているため、漁港もいくつか存在しており、日本の水産量の一翼を担っています。山と海に挟まれた地形に市街地が発展しているために道路事情としては混雑しやすい側面もあり、今後の渋滞緩和のために打ち出されている様々な方法が期待されています。

日立市で古銭買取業者に見積もりを依頼されたい方は、いくつかの業者にまとめて査定に出すとよいでしょう。メール査定などが簡単に行えますし、メールであれば断るのも簡単なので気が楽かもしれません。古銭買取の見積もりをする際に、高額で取引されている貨幣を所有していないか事前に調べることもできます。世界で最も価値のある古銭は1794年にアメリカ合衆国で発行された「フローイングダラー銀貨」です。銀貨のため、その物の価値としては1000円ほどにも満たないと思われますが、なんと12億円もの高値で取引されています。アメリカが発行したアメリカ最初の1ドル硬貨として歴史的な価値も高く、120枚ほどしか現存しないため、非常に高値で取引されているのです。

日本で一番高値を付けている古銭は天正大判の中の「天正菱大判金」です。豊臣秀吉が造らせた小判という歴史を誇り、現存するものは6枚しか確認されていません。金額は7000万円ほどになるそうです。時には1億円を超える価格も付くことがありますので、万が一所有していたら一気に億万長者になれるかもしれません。

日立市の特徴と高額貨幣

茨城県は関東地方の県の一つです。東は太平洋に面しており海のある県としても有名です。県庁所在地は水戸市で人口は全国でも11位と比較的多い県と言えるでしょう。近代における茨城県の歴史は1868年幕府が解体された時に新政府の直轄地として制定されました。1871年の廃藩置県の後様々な統合を経て1873年に今の茨城県として落ち着きました。

茨城県は海に面していることもあり海岸や海水浴場が多くあり各地からサーファーが訪れる賑わいを見せています。農業においてはメロンの大産地として知られており出荷量が日本一を誇ります。また工業においては日立市やひたちなか市の周辺に日立製作所関係の工場がたくさんあるため、非常に発展していると言えるでしょう。一方で人口が減少してしまったり大型店が撤退することなど過疎化が進んでいる現状もあり、これからの更なる発展が期待されています。

茨城県のこうした様々な特徴を象徴する記念貨幣として地方自治法施行60周年記念貨幣があります。この記念貨幣は日本全国の都道府県において発行されているもので、千円銀貨幣と5百円バイカラークラッド貨幣が用意されています。千円銀貨幣はカラー印刷されており非常に美しい仕上がりとなっているのが特徴です。茨城県の場合には科学技術と未来に向かって発展していく姿を象徴する筑波研究学園都市のシンボルとも言えるロケットが描かれています。

さらに茨城県のシンボルとも言える筑波山もデザインされており茨城県の魅力が凝縮されたデザインとなっていると言えるでしょう。この千円銀貨幣は10万枚発行されています。5百円バイカラークラッド貨幣については茨城県の伝統文化と言える偕楽園の好文亭と梅の花がデザインされています。やはりこちらも茨城県の特徴を良く捉えた素晴らしいデザインとして有名です。買取価格としてはだいたい額面の2倍ほどが相場のようです。しかしながら状態によって買取価格は変動しますので、その都度査定を依頼しましょう。