おすすめ買取業者を見る

茨城県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • 買取金額最大20%アップキャンペーン実施
    • 査定料無料、キャンセルOK!
    • 1点からでも査定OK!
    • 安心できる買取実績多数
    • 査定の内訳をしっかりご説明!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能
    ※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは古物商品専門の総合リユース業者として、主に関西を中心に活躍している企業です。
    古銭をはじめ着物や骨董品といった自宅に長年保管されていそうな品物をメインに扱っており、ジャンル毎に専門の鑑定士が在籍しています。
    そのため古銭という鑑定が難しい品でも正確な査定額を出すことが可能で、小判などの金の取引相場とアンティーク価値が重要な品物でも安心して依頼することができます。
    また、福ちゃんは国内だけでなく海外にも販売経路を持っているため、国内では需要が低い古銭でも積極的に高価買取しており、キズや汚れでマイナスになることはほとんどないといった特徴があります。
    さらに総合リユース業者というメリットを活かして、古銭プラスその他の品物をまとめて売れば買取金額が10%アップしますので、古銭以外にも不要な物がある場合には非常におすすめです。
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • 万全のアフターフォロー体制
    • 即日対応で早さに自信あり!
    • 買取査定リピーター多数!
    • さまざまな分野で第一位を獲得
    • 買取実績業界トップクラス
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取(東京本社のみ)
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間
    入金方法 出張買取は即日現金払い、宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能 ※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    タレントの坂上忍さんが出演するテレビCMが有名なバイセル(旧スピード買取.jp)は、お問い合わせから出張訪問まで最短30分という驚異的なスピードで買取を行っている企業です。
    こちらも古銭以外にも様々なジャンルの品物を取り扱っており、その品数の多さから在籍する鑑定士の多さも業界随一と言えます。
    そのため、引っ越し前などとにかく早く正確に買取を終わらせたいという方には最もおすすめできる買取業者です。
    さらにバイセル(旧スピード買取.jp)は、インターネット専門にすることで店舗経営にかかるコストを削減し、その分を買取に還元するというスタイルをしているため、スピーディーさに加えて高価買取も実現しています。
    買取アップキャンペーンなどは特に行っていませんが、期間にこだわらず常に高価買取できるシステムなので、今すぐ高く売りたいという方には非常におすすめです。
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    • 他社で買取NGだった商品でも買取可能!
    • スマホ1つで簡単査定!
    • スピード対応!最短30分でお支払い
    • 専門査定士が担当
    • 他社より高価買取宣言!
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間
    入金方法 出張買取・店頭買取は即日現金払い、宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能
    ウルトラバイヤーは大型リサイクルショップと言えるぐらい、とにかく買取対象ジャンルが幅広く、家にある不要な物はここで全部買い取ってもらえると言っても過言ではありません。
    しかし、敷居が低いイメージとは違って鑑定士の知識や技術は高く、また海外のバイヤー1500人以上と契約しているため、国内ではあまり重要がない古びた硬貨や紙幣でもマイナス査定になることなく高価買取してくれます。
    さらに、先着100名様限定で買取査定額が25%アップするキャンペーンを毎日実施しているので、お申込みが早ければどこの業者よりも高い買取価格が期待できます。
    また、買取対象商品が豊富なため、古銭以外にも使い道がなくずっと保管していたという品があれば、一緒に査定に出せば思いの外良い値段が付くかもしれません。

国際科学技術博覧会記念硬貨とは

国際科学技術博覧会記念硬貨は1985年に7000万枚発行された記念硬貨です。国際科学技術博覧会記念500円硬貨として発行されました。国際科学技術博覧会記念硬貨とはつくば国際科学技術博覧会を記念して発行されたものです。つくば科学万博を記念して発行されたため別の言い方ではつくば国際科学技術博覧会記念500円白銅貨と呼ばれることもあります。500円の額面の効果のみが発行されています。

特徴としては表の図柄が筑波山と茨城県の特徴とも言える梅が描かれています。そしてこの際に開かれた科学技術博のシンボルマークも裏面にはデザインされており”TSUKUBAEXPO’85″と記載があります。その時開かれたこの大きなイベントの興奮を思い出せるような非常に洗練されたデザインとなっており、コレクターたちの間でも人気のある硬貨と言えるでしょう。

実際の買い取り価格としては備品であったとしても800円から1000円程度の価値となるようです。もしも買い取り価格にすると額面どおりの500円から600円程度が相場となります。そのため記念硬貨の中ではそれほど金に入るわけではなくむしろ価値が伸び悩んでいる記念貨幣と言えるでしょう。とはいえ価値が伸び悩んでいるからといってこの記念貨幣の美しさが損なわれるわけではありません。むしろビギナーなコレクターにとっては非常に手に入りやすい記念貨幣として最初に揃えることが出来るアイテムとしても重宝するでしょう。

それほどプレミアというほどではありませんが、ミントセットは発行部数が10万部という少ない数で限定発売されたもののため、希少価値は高いです。状態によっては1500円から2000円程度の買い取り価格にもなります。そのためミントセットを所有している方は高値での取引が期待できるかもしれません。もし買取見積もりを希望される方は自分で所有している記念貨幣を磨いたりせずそのままの状態で査定に出すのが一番良いと言えるでしょう。自分でクリーニングを行うと思わぬ傷の原因ともなってしまい、査定額を下げてしまうことにもなりかねません。

茨城県の魅力と記念貨幣

日立市は茨城県の北東部に位置する都市です。太平洋に面する都市としても有名です。中でも有名なのは、電機メーカーとして世界的な知名度を誇る日立製作所の創業の地であることでしょう。もともと日立鉱山から発展した工業都市である日立市は、江戸時代から銅山の開発などにいそしんできました。企業城下町として一世を風靡した日立市は今でも日本の工業を支える都市として活躍しています。

日立市の気候としては、太平洋と阿武隈高地に挟まれていることから、比較的温暖であることが特徴です。とはいえ、夏もさほど真夏日が続くようなことも気温的にはなく、冬は付近の都市に比べると平均気温が高いため、比較的住みやすい気候といえるでしょう。海に面しているため、漁港もいくつか存在しており、日本の水産量の一翼を担っています。山と海に挟まれた地形に市街地が発展しているために道路事情としては混雑しやすい側面もあり、今後の渋滞緩和のために打ち出されている様々な方法が期待されています。

日立市で古銭買取業者に見積もりを依頼されたい方は、いくつかの業者にまとめて査定に出すとよいでしょう。メール査定などが簡単に行えますし、メールであれば断るのも簡単なので気が楽かもしれません。古銭買取の見積もりをする際に、高額で取引されている貨幣を所有していないか事前に調べることもできます。世界で最も価値のある古銭は1794年にアメリカ合衆国で発行された「フローイングダラー銀貨」です。銀貨のため、その物の価値としては1000円ほどにも満たないと思われますが、なんと12億円もの高値で取引されています。アメリカが発行したアメリカ最初の1ドル硬貨として歴史的な価値も高く、120枚ほどしか現存しないため、非常に高値で取引されているのです。

日本で一番高値を付けている古銭は天正大判の中の「天正菱大判金」です。豊臣秀吉が造らせた小判という歴史を誇り、現存するものは6枚しか確認されていません。金額は7000万円ほどになるそうです。時には1億円を超える価格も付くことがありますので、万が一所有していたら一気に億万長者になれるかもしれません。

日立市の特徴と高額貨幣

茨城県は関東地方の県の一つです。東は太平洋に面しており海のある県としても有名です。県庁所在地は水戸市で人口は全国でも11位と比較的多い県と言えるでしょう。近代における茨城県の歴史は1868年幕府が解体された時に新政府の直轄地として制定されました。1871年の廃藩置県の後様々な統合を経て1873年に今の茨城県として落ち着きました。

茨城県は海に面していることもあり海岸や海水浴場が多くあり各地からサーファーが訪れる賑わいを見せています。農業においてはメロンの大産地として知られており出荷量が日本一を誇ります。また工業においては日立市やひたちなか市の周辺に日立製作所関係の工場がたくさんあるため、非常に発展していると言えるでしょう。一方で人口が減少してしまったり大型店が撤退することなど過疎化が進んでいる現状もあり、これからの更なる発展が期待されています。

茨城県のこうした様々な特徴を象徴する記念貨幣として地方自治法施行60周年記念貨幣があります。この記念貨幣は日本全国の都道府県において発行されているもので、千円銀貨幣と5百円バイカラークラッド貨幣が用意されています。千円銀貨幣はカラー印刷されており非常に美しい仕上がりとなっているのが特徴です。茨城県の場合には科学技術と未来に向かって発展していく姿を象徴する筑波研究学園都市のシンボルとも言えるロケットが描かれています。

さらに茨城県のシンボルとも言える筑波山もデザインされており茨城県の魅力が凝縮されたデザインとなっていると言えるでしょう。この千円銀貨幣は10万枚発行されています。5百円バイカラークラッド貨幣については茨城県の伝統文化と言える偕楽園の好文亭と梅の花がデザインされています。やはりこちらも茨城県の特徴を良く捉えた素晴らしいデザインとして有名です。買取価格としてはだいたい額面の2倍ほどが相場のようです。しかしながら状態によって買取価格は変動しますので、その都度査定を依頼しましょう。