おすすめ買取業者を見る

石川県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

石川県より発行されている地方自治法施行60周年記念貨幣

石川県は、本州のほぼ中央部、日本海側に突き出た能登半島を占める北陸の県です。ほぼ能登半島とあって、細長い形状が特徴的ですが、面積は約4,200キロ平米と決して狭くもありません。こうした理由から、日本でも有数の長い海岸線を誇る県となっています。県南部の加賀地方、そして県北部の能登半島こと能登地方それぞれの海岸線を合わせると、約580キロメートルにも及びます。

石川県の代表的な観光地といえば、兼六園が挙げられるでしょう。石川県の県庁所在地である、金沢市に位置しており、特別名勝にも指定される広大な日本庭園です。日本三名園に選ばれるほか、世界的に有名な観光ガイドであるミシュラン観光ガイドにおいても、最高評価の3つ星を得ています。国内外に認められた趣ある景観は、訪れた人誰もにやすらぎのため息をつかせてなりません。

石川県の地方自治法施行60周年記念貨幣にも、やはりそんな県の象徴ともいえる兼六園のデザインが採用されています。他県の地方自治法施行60周年記念貨幣においては、千円銀貨幣に県を表すデザインのカラー絵柄が、そしてクラッド貨幣には金属を加工したデザインが彫られています。そんな中においても、石川県は少し特別な印象です。というのも、夜の景色を採用しているためです。多くの都道府県ではさわやかな青空が印象的な日中の絵を採用しているので、独特な印象です。

兼六園は、夜になるとライトアップはおこなわれます。千円銀貨幣では、あえて夜の暗い背景をチョイスし、そこに浮かぶライトアップされた木々を描いています。またさらに、手前にはことじ灯篭が添えられており、兼六園の趣を気軽に楽しめてなりません。まさに、石川県らしいデザインといえます。

一方でクラッド貨幣は、木場潟から遠くに臨める白山、そして能登地方でおこなわれる伝統的な祭りの能登きりこ祭りの様子を採用しています。1997年に無形民俗文化財にも指定された、貴重な祭りに他なりません。疫病退散の願いを込めて始めた祭りであるそうなので、厄除けにクラッド通貨を持ち歩くというのもよいかもしれません。

石川県の自然豊かな加賀市の特色と古銭の買取基準に関する情報

七尾市は、海の恵み豊かな石川県能登半島にある市です。富山湾に面しており、さらにその中に複雑な海岸線を誇る七尾湾を擁しています。そうした理由から、豊かな海産資源が特長となっているのです。庵漁港・石崎漁港・鵜浦漁港など複数の漁港があり、このわたや昆布、もずくなどを名産としています。

七尾市には、かつて七尾城という城がありました。そしてその周囲には、7つの尾根がありました。この、7つの尾根が由来して、市名である七尾市という名称が誕生したといわれています。

海もさることながら、七尾市は西側で広く陸地が広がっています。そこでは、温泉資源に広く恵まれています。七尾城のあった山をはじめ、温泉ができる山が複数存在するためです。和倉温泉、赤浦温泉、赤崎温泉など県外からも観光客が訪れるような人気温泉も少なくなく、市の一大観光資源として重宝されています。

古銭買取をおこなうなら、専門の優良店に任せることが欠かせません。あまり専門的な知識をもたない店舗や悪質なところとなると、古銭は低価格でしか扱ってもらえない、そもそも金やプラチナ査定ばかりを勧めてくる、言い値で了承するまでしつこいなど、少し不快な思いすらさせられてしまうかもしれません。そこでおすすめなのが、評価の高い専門店です。一定の人気があるということは、それだけ満足度の高いサービスを提供しているからに他なりません。

特におすすめは、たとえば古銭に関する販売経路が充実している店舗です。それこそ、古銭専門のホームページすら運営しているほどで、こだわりようが窺えます。買取業者は、古銭を買い取ったのちに転売してはじめて利益を得ます。そのため、余裕のある査定をしてもらうには、販売経路が充実している方が良いのです。他店以上の高評価も期待できるでしょう。

また、スピード買取を売りにしているお店も魅力です。査定の流れがスピーディーであれば、複数店舗での比較査定もしやすいでしょう。店舗買取ほか、出張買取にもスムーズに対応してくれるところなら、より理想的です。

石川県七尾市で検討したいおすすめの古銭買取業者

加賀市は、石川県南西部にして、県の西端にあたる位置に広がる市です。面積は約306キロ平米で、複数の町村からなる旧加賀市、そして2005年に山中町と合併することで誕生しました。西部で広く福井県とも接しており、県同士の行き来に適した場所といえるでしょう。北西部で海に面していますが、多くが内陸に属しているため山深い印象の方が大きいです。大日山、鞍掛山、富士写ヶ岳といった、立派な山々を擁しています。

加賀市の特徴としては、全国的に名高い伝統工芸が受け継がれていることでしょう。ひとつの市に山中塗、九谷焼という2つの伝統工芸が集中しており、文化の奥深さを感じてなりません。加賀市のほか、金沢市や小松市、能見市でも作られていますが、かつての加賀市領域の一部であった九谷村がもとになった名称であるため、加賀市に関連が深いです。多彩な色使いをとりいれた鮮やかな磁器となっており、九谷村で良質な陶石が発見されたことをきっかけに作られ始めました。今なお、人気の高い磁器製品となっています。

古銭もまた、九谷焼同様に深い歴史をもつ存在です。大昔のものなどを考えると、歴史はそれどころでもありません。そのため骨董価値が高く中には数百万を超えるものまであるほどです。ですが、買取相場は買取業者によって変わってくるので注意しなくてはなりません。

理由は、査定基準やジャンルが店舗によって異なるためです。特に重要なのがジャンルで、その店が古銭を得意とする買取店でなければ理想的な金額はつきにくいです。その方が、販路を広くもっており、高い価格で買い取りやすいためです。

調べ方としては、まず実際確認する方法があります。ホームページをチェックしたり、連絡先に問い合わせるなどして、得意ジャンルや査定基準をチェックしましょう。近年はどこもホームページを充実させているので、ネットだけでも有用な情報は結構得られます。また、いくつかの店舗で実際査定してみるのもおすすめです。無料査定や出張査定を提供するところなら、気兼ねなく利用しやすいでしょう。