おすすめ買取業者を見る

神奈川県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    • キズや汚れがあるものでもOK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 着物や骨董品などと合わせてまとめ売りすると買取金額10%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし(一点からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間 9:00~21:00 年中無休
    入金方法 出張買取・店頭買取:即日現金払い
    宅配買取:銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能
    ※宅配買取の品物返送時送料はお客様負担(着払い)
    福ちゃんは古物商品専門の総合リユース業者として、主に関西を中心に活躍している企業です。
    古銭をはじめ着物や骨董品といった自宅に長年保管されていそうな品物をメインに扱っており、ジャンル毎に専門の鑑定士が在籍しています。
    そのため古銭という鑑定が難しい品でも正確な査定額を出すことが可能で、小判などの金の取引相場とアンティーク価値が重要な品物でも安心して依頼することができます。
    また、福ちゃんは国内だけでなく海外にも販売経路を持っているため、国内では需要が低い古銭でも積極的に高価買取しており、キズや汚れでマイナスになることはほとんどないといった特徴があります。
    さらに総合リユース業者というメリットを活かして、古銭プラスその他の品物をまとめて売れば買取金額が10%アップしますので、古銭以外にも不要な物がある場合には非常におすすめです。
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    • キズや汚れがあるものでもOK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用無料
    • 女性のお客様のみ、女性査定員の指名が可能
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・持込買取(東京本社のみ)
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間
    入金方法 出張買取は即日現金払い、宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能 ※品物返送時の送料はお客様負担(着払い)
    タレントの坂上忍さんが出演するテレビCMが有名なバイセル(旧スピード買取.jp)は、お問い合わせから出張訪問まで最短30分という驚異的なスピードで買取を行っている企業です。
    こちらも古銭以外にも様々なジャンルの品物を取り扱っており、その品数の多さから在籍する鑑定士の多さも業界随一と言えます。
    そのため、引っ越し前などとにかく早く正確に買取を終わらせたいという方には最もおすすめできる買取業者です。
    さらにバイセル(旧スピード買取.jp)は、インターネット専門にすることで店舗経営にかかるコストを削減し、その分を買取に還元するというスタイルをしているため、スピーディーさに加えて高価買取も実現しています。
    買取アップキャンペーンなどは特に行っていませんが、期間にこだわらず常に高価買取できるシステムなので、今すぐ高く売りたいという方には非常におすすめです。
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    • キズや汚れがあるものでもOK
    • 8日間のクーリングオフ制度あり
    • 無料WEB査定、無料LINE査定あり
    • 出張費用、宅配キット無料
    • 毎日先着100名様限定で買取査定額25%アップ
    + 詳細を見る
    買取方法 出張買取・宅配買取・店頭買取
    買取条件 特になし(一枚からでも査定OK)
    送料・手数料 すべて無料
    受付時間
    入金方法 出張買取・店頭買取は即日現金払い、宅配買取は銀行振込(振込手数料無料)
    キャンセル 可能
    ウルトラバイヤーは大型リサイクルショップと言えるぐらい、とにかく買取対象ジャンルが幅広く、家にある不要な物はここで全部買い取ってもらえると言っても過言ではありません。
    しかし、敷居が低いイメージとは違って鑑定士の知識や技術は高く、また海外のバイヤー1500人以上と契約しているため、国内ではあまり重要がない古びた硬貨や紙幣でもマイナス査定になることなく高価買取してくれます。
    さらに、先着100名様限定で買取査定額が25%アップするキャンペーンを毎日実施しているので、お申込みが早ければどこの業者よりも高い買取価格が期待できます。
    また、買取対象商品が豊富なため、古銭以外にも使い道がなくずっと保管していたという品があれば、一緒に査定に出せば思いの外良い値段が付くかもしれません。

人気名所鎌倉擁する神奈川県の地方自治法施行60周年記念貨幣について

神奈川県は、2つの半島に挟まれるような形で位置する関東の県です。首都東京都とも隣接しており、約916万人もの人々で賑わっています。隣接県はその他、山梨県、静岡県、千葉県となっており、都市的な地域と自然豊富な地域、両方へのアクセスに適しているといえるでしょう。

都会的な印象が強いかもしれませんが、実は観光業が盛んでもあります。2008年に集計された延べ観光客数は約1億7100万人に上るほどで、主に横浜・川崎、箱根・湯河原地域が人気となっています。この規模は、47都道府県中第7位に数えられるほどであり、屈指のリゾート県として知られる沖縄県に次ぐ順位です。

特に見どころとなっているのは、神奈川県鎌倉市にある円覚寺でしょう。臨済宗円覚寺派の大本山となっており、鎌倉五山第2位に列しています。円覚寺三門、円覚寺方丈、そして国宝の円覚寺舎利殿と、歴史の趣感じさせる見ごたえある施設を見ることができます。

地方自治法施行60周年記念貨幣についても、やはりそんな歴史の面を色濃く表現しています。神奈川県鎌倉は、武家の古都と呼ばれており、古くから流鏑馬が盛んであったそうです。カラーが印象的である千円銀貨幣においては、この流鏑馬の様子と、代表的な神社である鶴岡八幡宮が描かれています。白馬に乗った勇ましい流鏑馬姿と、朱の発色が美しい鶴岡八幡宮のコントラストが、何とも印象的でなりません。

五百円バイカラー・クラッド貨幣においても、やはり古くから伝わる遺産をデザインに採用しています。神奈川県外の人においても知る人が多いであろう、鎌倉大仏です。正式には銅造阿弥陀如来坐像という名称で、国宝に認定されています。通常、地方自治法施行60周年記念貨幣はいくつかのデザインが組み合わされています。ですがこのクラッド貨幣においては、鎌倉大仏のみとなっています。それでもなお十分の存在感を放つところは、さすが鎌倉の象徴といったところです。

神奈川県の中心部にある大和市と魅力的な古銭の歴史

神奈川県を象徴するような存在に、三浦半島があります。南東部で海に突き出た形状となっており、その大部分を横須賀市が占めています。都心からは離れる位置となるため、普通に考えると田舎町のようにも感じられるかもしれませんが、そうでもありません。人口約40万人を擁する、中核市に指定される立派な都市的地域に他なりません。

事実、市内は都市的な印象とゆったりとした街並みを両方目にすることができます。東京湾岸においては、住宅群や大工場がひしめき合っています。ですが相模湾岸に目を向けると、自然が多く残されており、農業が盛んである点も印象的に映ります。都内へのアクセスに適していることもあり、人気のベッドタウンに他なりません。

スローガンは、「国際海の手文化都市」です。地理的に、山が多いという特徴を有するため、人口増加はあまり期待できません。そこで、県外や海外からの人口流入に力を注いでいるのです。横須賀リサーチパークやよこすか海辺ニュータウンなど、大規模な施策をおこなっています。

海辺の街というのは、金属の扱いに注意しなければなりません。潮風によって、劣化しやすいためです。もちろん、古銭もまた金属であるため、お手入れがとても重要といえるでしょう。

ですが、ここで注意すべきことがあります。それは、薬液を使う、ブラシでこするといったクリーニングが適さないということです。傷がついたり、かえって汚れを定着させてしまうことにもつながり、価値を下げてしまうためです。特に、市販の金属磨きなどは避けましょう。それにより、古銭そのものの質まで変化してしまうかもしれません。さびなどについても、放置しておきましょう。

ではいったいどのように管理すれば良いのか、それは、密閉できる専用のケースなどにしまっておくという方法です。潮風はもちろん、湿気や紫外線も避けられれば何よりでしょう。専用の湿度管理ケースが理想ですが、市販のコインケースやビニール小袋でも代用が可能です。ぜひ、こだわってください。

港町として知られる横須賀市で古銭のお手入れを考える

約27キロ平米という規模の小さい大和氏ですが、人口密度は1キロ平米あたり約8,700人にも上る、賑わい豊かな地に他なりません。県のほぼ中央部に位置しているため、各方面へのアクセスにも適しています。隣接しは、横浜市・座間市・相模原市・綾瀬市・藤沢市・海老名市のそれぞれ、また北部の一部で東京都町田市にも触れています。神奈川県の主要市横浜、そして都内それぞれに出向きやすいため、それぞれへの通勤率も近い割合となっています。

都市的な印象が強いかもしれませんが、実は自然スポットが充実しているという特徴がみられます。泉の森や大和ゆとりの森、また緑道として整備された大和歩行者専用道など、寛ぎに適した場所が少なくありません。通勤のための居住地としてはもちろん、家族で長く住まう土地としても、魅力的に感じられるでしょう。

1891年よりすでに大和村という村があり、現代の市名はそこからつけられています。かつての歴史を振り返るというのは、何とも豊かな気持ちにさせてくれるものです。古銭にもまた、そのような魅力が感じられてなりません。歴史をひもとけばひもとくほど、深みが増してくるでしょう。

かつて貨幣という概念がまだ存在していなかった時代、貝がその代わりとなっていました。ですが、中国の貨幣文化が伝わることで、日本でも次第に金属のお金が使われるようになっていきました。元祖となったのは、708年遣唐使にて伝わった開元通宝をもとに作った、和同開珎です。以後250年、さまざまな派生をしつつ使われ続けました。計12種類が作られ、それらは皇朝十二銭と称され高い価値を有しています。

ですが10世紀末になると、銅不足や政府の弱体化が影響し、またかつての物々交換に逆戻りします。のち、平安時代に入りまた景気が回復し出したことで、乾元大宝、永楽通宝などが生み出されました。以後、途切れることなく貨幣文化は続き、そして現代へと至っています。知れば知るほど奥深い古銭の世界、同じく長い歴史を有する、神奈川県大和市で見つめ直してみてはいかがでしょう。