おすすめ買取業者を見る

三重県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

関西南部の県三重県の地方自治法施行60周年記念貨幣をチェック

熊野古道や伊勢神宮など、神聖かつ重要度の高いスポットを複数有する県に、三重県が挙げられます。関西地方南東部に広がる約5,774キロ平米の県であり、中央のふくらんだ細長い形状をしています。そのため、陸地側と海の両方に広く面しているのが特徴的です。隣接県も多く、岐阜県・愛知県・滋賀県・京都府・奈良県・和歌山県の6県と隣り合っています。

産業においては、東側に広がる豊かな海である熊野灘の影響により、漁業が盛んとなっています。中でも有名な魚介としては、伊勢えびが外せません。伊勢とは、まだ三重県ができる前の旧名、伊勢国に関連しています。つまり、伊勢えびは三重県ならではの海産資源なのです。全国に出荷される知名度の高い名産品だけに、三重県の象徴のような存在といえるでしょう。その他にも、カツオやトラフグ、カキといった魚介が豊富に獲れます。

冒頭でも触れている通り、三重県の魅力として熊野古道や伊勢神宮といったスポットは外せません。全国的にも有名な神聖さ感じられる地であり、産廃や観光のため全国から人々が訪れます。特に賑わいの大きいスポットは、やはり熊野古道でしょう。来客数はもとより、世界中から人々がやってくるため、グローバル視点において規模の大きさが感じられてなりません。理由は、世界遺産のひとつに指定されているためです。地方自治法施行60周年記念貨幣のクラッド貨幣には、熊野古道の伊勢路がデザインされており、金属的なクラッド貨幣とはいえ、何とも歴史の深みが漂ってきます。

もう一方の千円銀貨幣は、伊勢神宮のデザインが採用されています。葉の一枚一枚までが確認できるようなリアルな質感の森を背景に、伊勢神宮の鳥居、その前を眺める五十鈴川、そしてそこに架かる宇治橋が描かれています。奥行の感じられる描き方になっており、今まさに伊勢神宮を訪れたような気持ちにさせてくれます。三重県の良さがぎゅっとつめこまれた、2枚の地方自治法施行60周年記念貨幣といえるでしょう。

豊かな海をもつ三重県志摩市と古銭買取業者選びについて

四日市市は、三重県の中でも北部に位置している市です。東で伊勢湾、西ではわずかに滋賀県と隣接する約206キロ平米の地域です。県庁所在地は津市に他なりませんが、三重県内北部においては中心的な役割を担っています。理由は、各面へのアクセスに適した立地であるためです。津市へはもちろん大阪や滋賀、そして名古屋にも出向きやすい位置です。そのため、ベッドタウンとして大きく重宝されています。

また、住みよさについても人気の秘訣でしょう。四日市市は、中京工業地帯に属する工業都市です。そのため、人が住む環境としては普通に考えるとあまり理想的でありません。ですが、そんな特徴が伴うからこそ、理想の街づくりに力がそそがれているのです。法整備や汚染防止技術向上に伴い、健康面への不安は大きく軽減され、2008年の生活の質が数値化された「クオリティ・オブ・リビング」において国内6位にランクインすらされています。

もちろん、現代的な面ばかりにこだわられているわけでもありません。古くから守られる歴史についても、しっかり継承し続けています。市の史跡である茂福城をはじめとした城郭群、「キツネの嫁入り」で知られる海山道稲荷神社、また多数の寺院群と、四日市市だけでもさまざまな歴史に触れられます。

古いものを守り続けるというのは、簡単ではありません。それは古銭についても同じことがいえます。大事にしたいからこそ、きれいに管理したくなるかもしれませんが、洗浄法には十分の注意が欠かせません。

たとえば、漂白剤や洗剤を使った洗浄です。もちろん、化学的に汚れが落とせてきれいにできるかもしれませんが、古銭の価値は落とすことに繋がります。傷みに繋がるので、避けなければなりません。

ブラシなどで磨くというのも、危険です。古銭に刻まれた文字などの目に詰まった汚れを落とせるかもしれませんが、金属を傷つけたり、汚れをより深く埋め込んでしまうことも懸念されます。やわらかい布などで、やさしく拭く程度にするのが理想的でしょう。

三重県北部の四日市市と注意したい古銭の洗浄法

三重県は、南北に細長い形状ですが、中心部については東に突き出ています。これは志摩半島と呼ばれるエリアであり、その先端南部に志摩市が位置しています。面積は約179キロ平米と小さく、南部に複雑な地形を有しています。この地形が大きな特色となっており、さらには恩恵すらもたらしています。

理由は、複雑な形状がリアス式海岸にて形づくられているためです。英虞湾、的矢湾はいずれも豊かな海産資源をはぐくむ拠点となっており、志摩市の生活において外せません。沿岸にて水揚げされる魚介としては、伊勢えびやあわび、なまこから、トラフグ・車エビ・カツオ、淡水ではシロウオ、また養殖漁業においても力がそそがれており、ウナギやカキ、さらには真珠貝であるアコヤガイ、ヒオウギガイも志摩市の名産となっています。

また志摩市は、世界的なイベントがおこなわれた地としても知られています。2016年、志摩市賢島で先進国首脳会議がおこなわれました。各国の要人が集結し、志摩市、そして海の絶景に囲まれ重要な会議を開いたのでした。

古銭買取にて重要性を考えるなら、一にも二にも買取店選びが重要でしょう。同じ古銭であっても、店舗それぞれで評価は変わってくるかもしれません。大事なポイントとしては、たとえば信用が挙げられます。古銭の買い値は査定士が決めるわけですから、店舗が信用ならないところの場合、ふさわしくない値段で買われてしまうかもしれません。口コミで評価が高い、サイトに清潔感がある、また近年なら、好感度の高い有名人を宣伝に起用しているということもポイントでしょう。

そして、専門店かどうかも大事でしょう。古銭を売れる店舗は、いくつか存在します。専門の古銭買取店ほか、骨董品店、リサイクルショップ、ネットオークションなどもそのひとつでしょう。ですが、ぜひ古銭専門店、もしくは古銭に力を入れる店舗を選択してください。よりプロフェッショナルな観点で査定してくれるので、確かな価値に期待がもてるでしょう。