おすすめ買取業者を見る

長野県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

感動の思い出よみがえる長野オリンピック記念硬貨

長野県は、甲信越地方に広がる広大な内陸県です。約14,000キロ平米の面積を誇る、岩手県、福島県に次ぐ日本で3番目に大きな県です。そんな理由から、県周囲では群馬県・埼玉県・山梨県・静岡県・愛知県・岐阜県・富山県・新潟県と計8つもの県と隣接しています。隣接県の数もまた、全国トップクラスに他なりません。

そんな長野県といえば、どのようなイメージが思い浮かぶでしょうか。信州りんごや安曇野のわさびなどが定番的ですが、スポーツファンからすればまた違ったイメージかもしれません。第18回冬季オリンピック開催地としてのイメージです。1998年2月におこなわれたオリンピックにして、20世紀最後の大会であったことから、特別なイベントとして広く認知されています。長野県長野市を中心とした会場に世界各国からアスリートが集結し、大会を盛り上げました。

印象的な大会であったとはいえ、2018年現在ともなると、結構記憶が薄れてきていることでしょう。当時の興奮をよみがえらせることは、容易でないはずです。その点、長野オリンピック記念硬貨を手にできれば、いつでも思い出せるかもしれません。

長野オリンピック記念硬貨とは、その名の通り長野オリンピックを記念して発行された硬貨です。1~3次に分けて発行されており、多数の種類に分かれています。それぞれ、スノーボードやボブスレー、フリースタイルスキーといった開催競技の様子が描かれており、躍動感あふれるタッチに、当時の興奮がよみがえってなりません。好きな競技の硬貨を手に入れることはもちろん、それぞれ集めてコンプリートするというのもおもしろいでしょう。

とはいえ、もちろん1998年開催の長野オリンピックを記念した硬貨であるだけに、現在は手に入れることが難しくなっています。そのため、古銭を扱う店舗での検討が基本となります。人気の長野オリンピック記念硬貨だけに、額面以上の価格がプレミアとしてついている場合もあります。たとえば、長野オリンピック記念500円白銅貨なら800円ほどですが、長野オリンピック記念500円白銅貨は6,000~8,000円、さらに長野オリンピック記念10,000円金貨ともなると、3倍以上の30,000~40,000円といった価値さえついています。

雄大な自然が美しい長野県の地方自治法施行60周年記念貨幣を知る

須坂市は、長野県の北部に位置する比較的小規模な市となっています。広大な長野県の面積からすると、約150キロ平米の大きさは小さく映ることでしょう。ですが、自然や歴史の多く残る魅力的な地に他なりません。また、県の中心的な地域である長野市と隣接しているため、利便性においても比較的住みよい印象が感じられるでしょう。

約150キロ平米の中に、多数の河川や山々が点在しています。千曲川はじめ、松川や八木沢川、山岳では明覚山や鎌田山、奈良山などが立ち並びます。そんな自然豊かな地域性を活かした、農業が盛んという点も特長でしょう。リンゴとぶどうの畑が多く広がっており、長野県の里山を象徴してなりません。その他にも、日本の滝百選に選ばれる米子大瀑布、日本さくら名所100選に選定される臥竜公園なども、自然感じられるスポットでしょう。

名物は、信州須坂のみそ料理が挙げられます。中でも近年注目されているのがみそすき丼で、ご当地丼として人気が高まっています。みその割り下と伝統野菜村山早生ごぼうが入るのがポイントです。

古銭を売買する上では、より高く売るためのポイントを知っておくことが欠かせません。たとえば、買取店選びについてです。買取店にも、さまざまな種類があります。そしてその中でも、より販路を広くもっているところがおすすめといえます。買取店は、買い取った古銭を再販してこそ利益を得るため、この経路が充実していればいるほど、買取価格も良心的となるのです。

また、相見積もりをすることも大切です。古銭の査定は、買取店、そして査定士それぞれで異なる場合があります。その点、複数の店舗や査定士に同時にみてもらえば、それぞれにおける査定額を比較して理想の売却先を決めることができるでしょう。

複数店舗への依頼となると、少し大変に思えるかもしれませんがそうでもありません。ネットでおこなえる画像見積もりを利用すれば、同じ画像であらゆる店舗に依頼することができます。ぜひ、試してみてはいかがでしょう。

長野県北部に位置する須坂市と古銭買取の注意点をご紹介

信州とも呼ばれる長野県は、甲信越地方に位置しています。本州のほぼ中央あたりを縦に広がったような形状をしており、国内有数の規模を誇ります。広大であるだけに、人口も多く約207万人が暮らしていますが、人口密度はキロ平米あたり152人とあまり多くありません。県面積から考えると、むしろゆとりある暮らしに適した人口といえるでしょう。2010年の都道府県別平均寿命調査では堂々の1位を記録しており、住みよい快適な地域であることが窺えてなりません。

海に面さない山深い地であるだけに、山の幸を活かした郷土料理が多数生み出されています。信州そばやおやき、野沢菜漬けなど多岐にわたります。中でも個性的なものとしては、昆虫食料理が挙げられるでしょう。いなごやざざむし、蜂の子の佃煮などは、全国的にも珍しい料理です。ですが近年は、地元でもあまり食べる人はいなくなってきているといわれています。時代に合わないのかもしれませんが、貴重な文化であるだけに、今後も継承されていくことが期待されてなりません。

長野県の特色をいつでも感じられるものとして、地方自治法施行60周年記念貨幣も忘れてはなりません。長野県らしい絵柄が採用されたデザインとなっており、何とも印象的です。それこそ、貨幣を見るたびに長野県を旅行したような気分が味わえることでしょう。

特に目を引くのは、千円銀貨幣です。雪の残る芸術的ですらある穂高連峰に、おだやかに流れる梓川、そして観光名所である上高地のシンボルとなっている、河童橋がデザインされています。雄大な山の峰、青々とした木々、そして橋のかかる輝く川面のコントラストが、何とも美しくてなりません。貨幣そのものの銀色も相まって、ひとつの芸術作品のようです。

一方五百円クラッド貨幣には、寺院と牛とまた違った雰囲気がデザインされています。これは、長野県の誇る国宝善光寺と、「牛に引かれて善光寺参り」という逸話にちなんだ仕様です。ほっこり心あたたまるようなストーリーが、伝わってきてなりません。