おすすめ買取業者を見る

新潟県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

米どころ新潟県の地方自治法施行60周年記念貨幣を知ろう

米どころとしてお馴染みの新潟県は、甲信越地方の北部、日本海に沿う形で位置しています。東京都の約6倍、47都道府県中第5位にあたる、約12,600キロ平米という広大な面積を誇っており、水産、農産共に活発におこなわれています。県庁所在地は新潟市で、北部佐渡島に近い場所となっています。

新潟県を語る上で外せないのが、やはり米作でしょう。新潟県のコシヒカリといえば全国的に有名で、新潟県産と謳うだけでも好印象を与えられるほどです。事実、米のキャッチコピーとして新潟県産というワードを使っている飲食店は、全国に多数みられます。収穫量はやはり日本有数となっており、米そのものはもちろん、米菓や日本酒生産においてもトップクラスを誇ります。特に魚沼地方産は、高級ブランド米として名高いです。その他にも、漁業における練り製品製造や、油田採掘、金属製品の生産など、多岐に亘る産業で賑わっています。

地方自治法施行60周年記念貨幣千円銀貨幣においては、そんな新潟県が誇る里山の風景を採用しています。遠く地平線まで臨める山々の様子は、新潟県出身の人でなくても、まるで故郷に帰ったかのようなやすらぎを感じられてなりません。新潟県の中でも特に自然が色濃く残る、佐渡島の風景という点もポイントです。さらに、前面には優雅に羽根を広げるトキが描かれています。新潟県の県鳥に指定される鳥であるため、こちらもまた新潟らしさを感じさせています。

もうひとつの地方自治法施行60周年記念貨幣である、クラッド貨幣においてもやはり同様のデザインとなっています。ですが、また違った印象で描いているため、また異なる味わいが感じられることでしょう。新潟県の里山をバックに、トキを描いています。ですが、千円銀貨幣と異なり、背景の里山には田畑を、そしてトキはつがいにするといった具合で、違いを表しています。仲睦まじく寄り添うトキの姿に、やすらぎを感じること必至でしょう。

新潟県佐渡市の魅力と明治時代にみる古銭買取

阿賀野市は、新潟県の北部において、四方を新潟市・新発田市・五泉市・東蒲原郡阿賀町のそれぞれに囲まれる形で位置している市です。小規模ながら、県庁所在地新潟市と隣接していることもあり、人口約42,000人、人口密度キロ平米あたり約218人と比較的活気が感じられます。地名は、阿賀野川流域にあることが由来しています。2004年にできた比較的新しい市であり、北蒲原郡安田町、水原町、京ヶ瀬村、笹神村の4町村の合併により生まれました。

見どころとしては、瓢湖が挙げられるでしょう。湖名としてはそこまで有名でないかもしれませんが、世界的にも視線を送られる重要な湖に他なりません。理由は、オオハクチョウ・コハクチョウの飛来地となっているためです。毎年冬季になると、6,000羽近くが飛んできて越冬するだけに、シーズンになると迫力に満ちた光景がみられます。そのため、その様子は毎年ニュースなどでも比較的大きく取り上げられています。さらには、ラムサール条約の登録湿地にして、日本の重要湿地500に含まれるスポットでもあります。

世界的に視線を送られているのは、瓢湖だけでもありません。日本の古銭もまた、国内外のファンから人気を博しています。古銭そのものの魅力はもちろん、2020年東京オリンピックが近づいていることも大きく影響しているためです。

それに際し高まっているのが、日本初のオリンピック開催となった、第18回夏季オリンピック記念硬貨です。昭和39年に発行されたものとなっており、表に五輪、裏に富士山があしらわれています。記念硬貨の元祖でもあり、1枚10,000円近くもの価値がつく場合もあるほどです。

昭和時代に発行された価値の高い貨幣としては、「日本銀行券A号 二宮1円」が挙げられるでしょう。昭和21年発行の、紙幣になります。通常は100~150円ほどの価値しかありませんが、珍しい通し番号、エラープリントのものになると10~50万円の価値がつくこともあるようです。昭和の古銭に注目するなら、ぜひ知っておきたいところです。

白鳥の飛来地として知られる阿賀野市と昭和時代の古銭

佐渡市というより、佐渡島の方が連想しやすいかもしれません。新潟県北西に浮かぶ、アルファベットNのような形状をした島全域が佐渡市となっています。離島となると少し不便な印象もあるかもしれませんが、本州側では県庁所在地の新潟市が近接しているため、都市部へもわりと移動しやすいかもしれません。

歴史をひも解くと、佐渡市は大化の改新時期にまでさかのぼります。同時期に旧佐渡国が建てられたのがはじまりといわれており、以後、佐渡県、相川県といった名称を経て、新潟県の一部となりました。現代でも明治期以前に使われていた佐渡奉行所跡が残されており、歴史の名残を感じさせています。

新潟米といえば魚沼産が有名ですが、実は佐渡産も高い評価を得ています。国中へ嫌において盛んに稲作がおこなわれており、本州側同様の田園風景が広がります。また周囲が海に囲まれているため、漁業にも力がそそがれています。その他、羽茂地区の特産品であるおけさ柿、また両津地区のカキ養殖も有名です。加茂湖は新潟県有数の規模を誇る湖となっており、観光地としても見ごたえがあります。

佐渡市が大きな変革期を迎えた明治期ですが、当時発行されていた古銭は現代において高い人気を有しています。文明開化により、日本的かつモダンな雰囲気が刻まれており、コレクターにはたまらない魅力を有しているのです。

代表的なものとしては、たとえば「甲号兌換銀行券 裏猪十円」があります。和気清麻呂がイノシシによって難を逃れたという逸話にちなみ、表面に同氏、そして裏面にイノシシが描かれています。50,000~100,000円ほどの相場で取引されています。

また高級感がそそる明治期の古銭として、旧20円金貨も忘れてはなりません。明治政府が発行した初めての近代貨幣にして、何とも上質なデザインとなっています。20円金貨でありながら、相場価格は100万円以上を誇るほどの代物となっており、贋作も多数登場するほどの人気ぶりが印象的です。