おすすめ買取業者を見る

沖縄県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

沖縄国際海洋博覧会記念硬貨の特徴と買取情報

沖縄復帰20周年記念硬貨は、沖縄国際海洋博覧会が開催された1975年に作られた記念硬貨です。種類としては百円だけが作られ、出回ったのは1億2,000万枚とかなり多いです。そのため、価値自体はそこまで高くないと言えるでしょう。ただ、沖縄の大きな国際海洋博覧会で作られた効果ということもあって、マニアの間では貴重な貨幣として人気があります。沖縄ではこの手の記念硬貨が多く発行されているため、それぞれの価値自体はそこまで高くありません。もちろん、コレクションとしては人気があります。

貨幣には沖縄で有名な名所として知られる守礼の門が描かれており、沖縄らしさが詰め込まれています。また、紅型の模型を参考にした波も描かれているなど、沖縄だからこその特徴が詰まった貨幣だと言えるでしょう。また、裏面にはマスコットのイルカが描かれているのと、沖縄国際海洋博覧会のシンボルマークが描かれています。デザインだけで見ても、コレクションしたくなるものだと言えるかもしれません。

ただ、発行枚数が多いので、買取情報としてもあまり価値は高くないと言えるでしょう。額面が100円ということもあって、相場は美品であっても200円~300円が相場となっています。そのため、手元にある方の中でも買取査定に出すということは少ないです。ただ、沖縄国際海洋博覧会には、実は記念メダルというものもあります。こちらに関しては地金の価値があるので、買取価格も高くなります。その価値は18金のメダルであれば4万円~5万円ほどになることもあるのです。

実際に沖縄復帰20周年記念硬貨であればそこまで価値はありませんが、どうしても買取してもらいたい場合は、買取専門店に相談してみてはいかがでしょうか。買取専門店であれば、ある程度考慮して査定してくれます。美品であればあるほど価値は高くなる傾向にあります。もちろん、そこまで高い価値があるというわけではないので、手元に置いておくというのも選択肢としては十分です。

沖縄復帰20周年記念硬貨の特徴や買取情報

沖縄県那覇市は、沖縄本島の南部に位置している中核市で沖縄経済の中心です。観光大国である沖縄には本当の他にもさまざまな離島がありますが、那覇市を拠点にしたアイランドホッピングなども人気となっています。日本国内からの観光客はもちろんですが、海外からの観光客も訪れ、日本有数の観光大国としても知られています。自然が豊富な沖縄において、もっともビルなどが盛んに建てられている地域とも言えるでしょう。

なお、那覇市は海洋資源に優れているのはもちろん、観光資源も豊富ですし、実は酪農なども盛んにおこなわれています。自然と共存しながらも都会ではオフィスなども豊富にあるなど、近年はより発展を遂げている地域でもあるのです。沖縄県らしい風土もあり、移住者も多いのが特徴です。年々地方から移住していて、老後のリタイア先としても人気があります。今後、さらに多様な文化を持つ島国として、日本でも観光の要衝となっていくでしょう。

そんな那覇市では古銭買取も積極的におこなっていて、記念硬貨や特別な貨幣が高値で取引されることも多いです。金で作られたメダルなどは価値も高く、取引も活発におこなわれています。しかし、貨幣というのは劣化しやすいものもあり、特に古銭などは丁寧に保存しなければ質も下がってしまいます。洗浄する場合は重曹や超音波で汚れを落とす他、空気や水にはあまり触れさせないように保管することが必要です。その他にも高温多湿を避け、密閉性が高いケースで保管すると良いです。保管場所は定期的な空気の入れ替えをおこない、劣化しないように工夫することが必要となります。

古銭などは特にデリケートなものなので、記念硬貨や貨幣が多い沖縄県では保存方法も重要となるでしょう。高価買取を実現したいのなら、保存方法にもしっかり工夫しておくと良いです。それが、後々売却する際に大きく影響してくることもあります。まずは正しい保管方法を知り、その上で貨幣を守っていくようにしましょう。

沖縄県那覇市の古銭買取とコインの価値を維持する保存方法

沖縄復帰20周年記念硬貨は、沖縄が日本に復帰し20周年を迎えた際に作られた貨幣です。もともと沖縄はアメリカに実権を握られていたのですが、1972年に返還されました。沖縄復帰20周年記念硬貨はその返還から数えて20周年の際に作られた記念硬貨です。発行されたのは1992年ですでにさらに記念硬貨については色々なものが発行されています。しかし、未だに沖縄復帰20周年記念硬貨はマニアの間でも人気を集めていて、売買するというよりはコレクションを楽しむ方が多いです。

デザインとしては、沖縄県那覇市にある首里城が描かれています。首里城は沖縄の象徴とも言えるものであり、沖縄復帰20周年記念硬貨にも相応しいデザインだと言えるでしょう。なお、裏面には向かい合う2匹の龍が描かれており、記念硬貨自体に「沖縄復帰二十年500円」と刻まれているのが特徴です。貨幣として使うことも可能ですが、実際にはその貴重なデザインも相まって、コレクションしている方が多いと言えます。

ただ、こちらの沖縄復帰20周年記念硬貨は2,000万枚も発行されたため、価値としてはそこまで高くありません。プレミア価格になるということもなく流通しているため、多くの方が持っているというのが実情です。そのため、買取情報を見ても額面通り、もしくは額面よりも少し高い金額で取引されています。ただ、美品であれば1,000円前後で買取されることもあったり、買取専門店の場合は1,500円ほどで買取してくれるところもあります。そこは業者によって違ってくるので、比較して査定してもらうと良いです。

なお、沖縄には他にも記念硬貨があるので、それらも合わせて専門の買取業者に査定してもらうのが良いです。なお、貨幣や硬貨、古銭やコイン、紙幣などを専門的に取り扱っている買取専門店だと、もっと高額査定になるかもしれません。なお、沖縄には金で作られたメダルなどもあるので、買取してもらうのであればそれらの記念メダルがおすすめと言えます。