おすすめ買取業者を見る

大阪府で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

日本万国博覧会記念硬貨の特徴と買取情報

日本万国博覧会記念硬貨は、1970年の人類の進歩と調和をテーマにして開催された日本万国博覧会の際に作られたです。百円貨幣のみとなっており、表は葛飾北斎が描いた富嶽三十六景の赤富士、裏は大阪万博の桜のシンボルマークが描かれているのが特徴となっています。その美しいデザインもあり人気を集めているのですが、発行された枚数自体が4,000万枚もあったことから、プレミアにはなりにくく価値が跳ね上がるということには至っていません。しかし、デザインの良さだけでマニアの間でも取引され、人気を集めています。

そもそも日本万国博覧会というのはどういうイベントなのかというと、世界と手を繋いで、人類の進歩と調和をより強めていくためのイベントです。実際に世界各国と連携している日本では、より世界との繋がりを強めるためのイベントとしても人気を博しました。その記念として作られたのが日本万国博覧会記念硬貨です。大阪府を代表とするイベントということもあり、来場者数は桁違いだったことがその人気の理由を証明しています。

日本万国博覧会記念硬貨に関しては、買取価格も額面とあまり変わりません。美品の場合は200円~300円前後で取引されることもありますが、それ以上の価格で取引されているということはあまりありません。発行枚数が多いので、日本人でも持っている方は多く、希少価値としてはそこまで高くないのです。ただ、マニアにとってはコレクションしたいものということもあり、若干価値の変動は今後もあるかもしれません。

大阪府を代表とするイベントとして開催された日本万国博覧会では、世界に対してもさまざまなアプローチの場となりました。日本万国博覧会記念硬貨はその記念として作られ、今後も多くのマニアにとって欠かせないものとなるのではないでしょうか。単純にコレクションとしての人気が高いということもあって、今後どのように価値が変動していくか気になるところです。持っている方は買取専門店で査定してもらうのも良いかもしれません。

関西国際空港開港記念硬貨の特徴と買取情報

大阪府堺市は大阪府の中心地ということもあって、商業地区やオフィス地区、その他住宅地区を持つ都会となっています。大阪府は一極集中型都市を持つことでも知られているのですが、堺市はさまざまな機能を持った地域となっています。大阪の食文化を発信する場にもなっている他、大阪の人々が毎日の生活を送る中心地としても機能しているのです。そんな堺市は観光で訪れる外国人の他、日本人も多々訪れている都会となっています。今後も大阪経済を支える重要な拠点となっていくことは間違いないです。

また、堺市にはさまざまな建築物も多く、それらが都会の中心となって機能しているのも特徴です。多くの人々が住む堺市には、もちろん生活に必要なインフラも整っていますし、何より活気も溢れているのが特徴です。今後も大阪に必要不可欠な都会として発展していくのではないでしょうか。そんな堺市でも古銭買取が人気となっており、近年は記念硬貨や古い貨幣を買取してもらいたいと思っている方は多いです。それらも含めて、まずは古銭買取を専門店に依頼してみてはいかがでしょうか。

古銭買取で重要なのは、古銭をいかにキレイな状態に保っておくのかということです。美品であれば、額面の価値よりも高くなることが多いため、キレイに保つことが高価買取への道となります。そこで必要となってくるのが、洗浄する方法と管理する方法の工夫です。洗浄に関しては重曹などを使う他、超音波などで洗うと汚れも綺麗になります。また、管理は高温多湿を避け、風通しの良いところで保管するのが良いです。ただ、空気や水に触れるとカビやサビの原因にもなってしまうので、十分に気を付けておきたいです。

徹底して洗浄して管理さえしておけば、より古銭もキレイに保つことができます。その他、古銭というのはとてもデリケートなものなので、扱いには十分に気を付けてください。少し気を付けるだけでも、また違ってくるのではないでしょうか。

大阪府堺市の古銭買取とキレイに保存する方法

関西国際空港開港記念硬貨は、関西国際空港の開港を記念して作られた貨幣で、五百円貨幣となっています。関西国際空港というのは大阪府にある空の玄関口となっており、近年では世界各国と繋がる重要な交通の要衝となっています。そんな関西国際空港開港を記念して作られた貨幣こそ、関西国際空港開港記念硬貨なのです。その価値は額面通り500円前後となっていて、高くても1,000円前後での取引となっています。ただ、多くの場合は600円~700円前後での取引です。そこまでプレミアになっているということではないため、価値もあまり高くなっていません。

関西国際空港は年々利用者も増加しつつあり、近年は特に訪日外国人の方が利用することも多くなっています。利用者の多くはアジアの方ですが、他にもアメリカやヨーロッパなどから訪れる方も多くなっているのです。日本の大きな空港と言えば、成田空港や羽田空港がありますが、関西国際空港も重要な空港として認識されるようになりました。それらの価値もあり、関西国際空港開港記念硬貨に関してはより注目されるようになったのです。

ただ、価値自体はそこまで高くありません。その背景としては、そもそも発行された枚数自体が多かったためだと言えます。事実、発行枚数が多いということは、それほど多くの人の手に渡るということです。そうなれば、価値としてはそこまで高くなりません。誰もが持っているものであれば、買取専門店でも高値で取引するということは少なくなります。

デザインに関しては、表は関西国際空港を上空から眺めた構図となっており、裏は近畿地方全体の地図となっています。このデザイン性の高さもあって、一部のマニアの間ではデザインが良いと評判を集めているのです。持っているという方は、買取専門店などで査定してもらうのが良いです。あくまでも専門店で見てもらうことによって、少し価値を高く付けてもらえるかもしれません。高価買取なら買取専門店がおすすめです。