おすすめ買取業者を見る

静岡県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

人気の東海道新幹線を描いた新幹線鉄道開業50周年記念の硬貨

静岡県浜松市は、県西部ほぼ全域を占める広大な市です。総人口約79万人を誇っており、政令指定都市に指定されています。浜松市の特徴といえば、市の南部に広がる浜名湖でしょう。地図上からも確認できるほどに大きな湖となっており、浜松市、さらには静岡県の象徴となっています。なお、通常の湖と異なり、南側の一部で太平洋とも繋がっているため、淡水と海水の混ざる汽水湖でもあります。

浜名湖が有名である理由として、うなぎは外せません。うなぎの養殖を盛んにおこなっており、質の良い魚として全国にブランドうなぎとして展開されています。おみやげのお菓子として、うなぎボーンやうなぎパイといった、全国でも珍しい商品を展開している点も特徴的でしょう。うなぎ以外では、ノリやカキ、すっぽんも盛んに養殖をおこなっています。

また、歴史をひも解いても浜松市は重要な地域であったことがうかがえます。戦国時代には、浜松城の城下町として栄えていました。なおこの城は、歴代城主が多く江戸幕府重役へと出世していったことから、出世城とも呼ばれ縁起が良いです。また位置的に、ちょうど江戸と大阪の中間にして名古屋も近かったため、東海道の宿場町として栄えていたそうです。

そんな浜松市で古銭収集を楽しむなら、少し管理の面で注意しなくてはなりません。海や汽水湖に面しており、湿気や潮風にさらされやすいためです。そのため、まずは空気に触れさせないよう心がけるべきです。金属製の貨幣は、空気にふれるとさびの原因になります。チャック付きのビニル袋、さらには密封ケースなどが用意できるとなお良いでしょう。

逆に避けるべきなのが、古銭を洗浄することです。きれいな方が査定にも有利と感じるかもしれませんが、そうでもありません。素人が何も考えず磨いてしまうと、傷や汚れを増やすことに繋がる可能性もでてきます。汚れが気になるようであれば、やわらかい布やウエスで軽く拭く程度にしておいてください。

静岡県浜松市で考える大事な古銭の管理

東海道とは、新大阪東京間を、京都や名古屋、静岡を経由して結ぶルートです。開業は1964年と古く、着工より約5年の月日を経て東京オリンピック開催直前にスタートしました。大阪、東京という日本二大都市を結ぶルートなだけあって、毎年多くの乗客に利用されています。

1964年の開業時は、まだ新幹線自体が目新しかったこともあり、大きな賑わいをみせたそうです。印象的なエピソードとしては、開業初日の乗客がビュッフェ車の速度計周辺に集まったり、車掌に矢継ぎ早の質問をおこなったりと、移動するための乗り物であるにもかかわらず、見世物のような状態でもあったそうです。それだけ、待ちわびられていた存在だったのでしょう。そうした理由から、仕方なく予定より遅い速度で走らざるを得なくなったそうです。

そんな東海道新幹線も、現在では50年以上の歴史を誇る、あって当たり前の乗り物となっています。現在も昔と変わらず愛されており、ファンが少なくありません。鉄道マニアなる人々の増加も手伝って、以前以上ですらあるかもしれません。そんなファンにうれしい存在となっているのが、新幹線鉄道開業50周年記念硬貨です。新幹線鉄道の開業50周年を記念して作られた硬貨なのですが、ラインナップには東海道新幹線も含まれています。

特徴的な、顔がへらのようなシルエットと、流線的な頭を忠実に再現されており、マニアも納得のできばえといったところでしょう。車両の下には「東海道」の文字も記されているので、一目見るだけで東海道新幹線と把握できます。持ち歩きやすいクラッド硬貨という点も、ポイントでしょう。ファン同士の、話の種になること必至です。

新幹線鉄道開業50周年記念硬貨は、東海道新幹線以外にも計10のタイプが用意されています。すべて揃えてコレクションにすれば、新幹線の歴史をいつでも思い返すことができるでしょう。現在でも古銭販売店などで探すことができるので、探してみる価値は大いにありです。