おすすめ買取業者を見る

栃木県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

栃木県の魅力を伝える貨幣

栃木県は日本の関東地方北部に位置する県です。県内には日光国立公園があり観光地やリゾート地をお送りするため、多くの人たちが観光に訪れます。栃木県における人々の暮らしぶりを伝える歴史の記録は前期の旧石器時代までさかのぼると言われています。今のところ最古の人類の足跡がいつの時代になるのかという点については議論がなされているところですが、実際のところ栃木県には非常に昔から多くの人々が生活を営んできた記録があります。

近代の歴史においては戊辰戦争で戦場の一つとなりました。そして1868年に日光領が新政府によって没収され1869年には日光県と改称して日光に県庁が置かれることになりました。明治維新を迎えた後政府は中央集権を進めるために廃藩置県を行いましたが、その際に宇都宮犬が誕生し後に栃木県が設置されました。このように栃木県は日光県や足利県など様々な県を合併して作られた県となったのです。このように様々な歴史の中で育まれてきた人々の生活は、栃木県の様々な魅力の一つともなっているでしょう。

栃木県の魅力を伝える記念貨幣として有名なのは地方自治法施行60周年記念貨幣です。全国の都道府県にテーマが絞られそれぞれの記念貨幣が作られたものです。千円銀貨幣と5百円バイカラークラッド貨幣があります。千円銀貨幣については国宝である日光東照宮をデザインされており、その堂々たる迫力が記念貨幣からでも伝わってくる力強さがあります。500円クラフトカフェにおいては日光東照宮の眠り猫と雀がデザインされています。やはりこちらも日光東照宮に施された非常に綿密な職人の技が見事に再現されているのです。

このような記念貨幣は現在のところ額面通りの金額の2倍ほどで買い取りがなされていることがほとんどのようです。しかしながら買取価格はどのような保存状態にあるかという点でも大きく左右されるため、自分自身で判断せずしっかりと買い取り業者に査定してもらうことにしましょう。査定の際にはメールで簡単に査定することもできますので複数の古銭買取業者に依頼することをお勧めします。

鹿沼市と古銭買取事情

宇都宮市は栃木県の県庁所在地です。首都圏の都市としても10位の人口を有する大きな都市です。気候区分としては太平洋側気候に属します。そのため夏は非常に蒸し暑く曇り空が多いのが特徴です。また冬は乾燥していて日照時間が長い傾向にあります。東京と仙台のちょうど間のような気候でそれほど寒さが厳しくない土地といえます。

宇都宮といえば餃子が人気です。餃子のまちとして全国的に有名となっており餃子を扱う飲食店が約200件ほどもあります。そのルーツを辿ると戦時中に宇都宮の舞台が中国大陸に展開していたことに端をなすようです。戦後中国大陸から帰国した復員兵によってたくさんの餃子が市内へと広まりました。その他にもカクテルやレモン牛乳、また宇都宮焼きそばなど様々な宇都宮を代表するグルメにあふれています。

宇都宮市でもたくさんの古銭買取業者がありますが、そもそも日本の古銭の歴史とはどのようなものなのでしょうか。日本において貨幣が登場したのは673年から686年に完成した天武天皇の時代であったと言われています。その時代は富本銭と呼ばれるカフェが使われていました。有名な和同開珎はその後に鋳造されることになりここから本格的な日本の貨幣の歴史が誕生したと言われています。

日本における古銭の種類も多岐にわたります。江戸時代になると貨幣制度がしっかりと制定されたため日本全土に金貨や銀貨、銅貨といった貨幣が流通しました。明治になると本位貨幣としての1円銀貨が登場し補助貨幣として様々な貨幣が登場しました。大正時代になると銀の価格が高騰したことにより銀貨が一市第二市場から姿を消して行くことになります。戦後になるとほとんど銀は記念貨幣にしか使われなくなりました。銀という素材と発行枚数が非常に多いことから、それほどプレミアムがつくような価値は生み出されにくいですが、たくさんの秀逸なデザインの記念貨幣が鋳造されています。比較的手に入りやすいものも多いのでコインコレクターを目指す方はまずはこうした銀貨から中心に集めていくと良いでしょう。

宇都宮の特徴と古銭の種類

鹿沼市は栃木県の中部に位置する市です。近大においては木工の町として発展を遂げてきました。1890年には日本鉄道日光市線が開通しより一層産業外に拍車がかかります。しかしながら関東大震災の復興事業の刺激などから木工業が発展し始めるのです。そのため鹿沼市は木工の町として知られているもののその歴史はそれほど昔からとは言えません。近代以降に発展した技術でありながら今では鹿沼市の大きな魅力として木工業が栄えているのです。

鹿沼市の観光スポットとして知られているのは文化活動交流館でしょう。文化活動交流館は大正初期の石像であり鹿沼市の近代産業を語る上で欠かせない建物となっています。近代化遺産として保存や活用が図られており今後もより一層クローズアップされることが予想されています。また古峯神社と呼ばれる神社は鹿沼市の信仰の中心地として栄えてきました。銅製としては日本最大の鳥居を擁します。

このような鹿沼市で古銭買取に関心がある方は、所有している古銭をどのように保管するのが一番良いのか知っておくと良いでしょう。まず失敗しがちなのが頻繁にクリーニングをして綺麗な状態に保とうと努力しすぎるということです。実は古銭買取において自分で行うクリーニングほど古銭の価値を避けてしまう可能性のあるものはありません。せっかくクリーニングしたのにかえって傷をつけてしまい、価値を大きく下げてしまうこともあり得るのです。

また保管方法としてはなるべく空気に触れさせないことが大事です。空気に触れてしまうと酸化が発生してしまいどんどんと劣化が進んでしまうからです。出来る限り直射日光当てないようにし、所有したときとそのままの状態で保管しておくのが良いでしょう。また人の手の油でも劣化が進んでしまいますのでショーケースの上で大切に保管しておくことが価値のある状態で古銭を保つ秘訣と言えます。しかしながら欲しいと思う人によってその古銭の価値が変わってくるということも事実です。古銭買取業者に見積もりを依頼することによって少しでも高い査定をしてくれる人に売る方が良いでしょう。