おすすめ買取業者を見る

東京都で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

鉄道ファン垂涎のシリーズ!新幹線鉄道開業50周年記念硬貨の情報

武蔵野市は、東京都多摩地区の東部中央付近に位置する、約11キロ平米の比較的小さな市です。成り立ちは、市制施行された1947年に遡ります。以後、順調に発展を遂げ都市的な街並みを実現しています。

際立ったスポットとしては、井の頭恩賜公園が挙げられるでしょう。公園内にプールがあるのですが、これは戦前から残るものであり、井戸水を使用したものでは世界最古の施設となっています。戦前には中島飛行機武蔵製作所が置かれており、そこを狙った米軍の爆撃で大きな被害を受けました。その中でも破壊されることなく残り続けたプール施設であるだけに、武蔵野市の貴重な歴史が感じられてなりません。

武蔵野市は、都内で芸術やスポーツを推進する市のひとつでもあります。そのため、陸上競技場や体育館、プールといった運動施設から、芸能劇場、シアター、ホールなど、本格的な活動に適した場所が少なくありません。武蔵野美術大学と聞けば、多くの人がぴんとくる名門の美術大学でしょう。

井の頭恩賜公園のプールのように、深い歴史をひもとけばさまざまなロマンがよみがえります。大正時代に流通していた古銭もそのひとつで、ファンに人気の存在となっています。いわゆる大正ロマンが詰め込まれたデザインに、胸が高鳴るといったところでしょう。主には、青銅貨・白銅貨・銀貨・金貨、そして少額紙幣などがあり、種類それぞれでもまた細かく分類されます。

古銭収集の魅力には、いち資産として扱うという点も含まれるでしょう。もののよっては、数百万、数千万というものも事実存在しています。ですが、大正時代の古銭については、基本的にそこまで高くもありません。状態次第で価値は変わるかもしれませんが、とびぬけた価格というわけでもないでしょう。

ですが、大正3年の50銭銀貨や大正6年の銭白銅貨は、比較的高価です。美品であれば、1,000円以上になるかもしれません。プレミア価値にこだわるなら、八咫烏50銭銀貨がおすすめです。一般流通する前に、額面を銀地金の価値が上回ってしまったため、流通されなかった幻の通貨です。もし手元にあるようなら、大きな価値が期待できることでしょう。

東京都武蔵野市のの特色と大正時代に普及した古銭について

記念硬貨は、さまざまなジャンルにて発行されています。都道府県それぞれのものや、テーマパーク、イベント来場記念のようなもの、さらには乗り物に関するものまで、多種多様です。いずれもこだわりのこもったデザインが採用されており、特別感が感じられてなりません。記念であれば、写真や動画でも問題なさそうなところですが、硬貨だからこそのまた違った魅力が楽しめます。金属製だからこその高級感や、指先で掴めるようなコンパクトさ、また実際に価値をもつ貨幣というところもまた、特別でなりません。

新幹線鉄道開業50周年記念硬貨は、その名の通り新幹線鉄道が開業50周年を迎えた節目に作られた硬貨となっています。近年は撮り鉄や乗り鉄といった具合に、鉄道に愛情を注ぐファンも少なくありません。それだけに、広く注目を集めています。計10種、さまざまに種類が展開されているので、いくつか集めてコレクションしてみても良いでしょう。

たとえば新幹線鉄道開業50周年記念硬貨の1,000円貨幣については、何ともさわやかです。0系新幹線と桜、富士山を描いており、優しい印象が感じられます。1,000円通貨ですが、買取相場は20,000円となっており、人気が窺えます。また裏面になると、雰囲気はまたがらりと変わります。100%純銀製のシルバーを貴重としているのですが、中央部に正面を向いた新幹線が特殊な色で描かれています。見る角度によって輝きの変わるレインボーカラーは、何とも見る者を引き込んでなりません。頻繁に、何度も目にしたくなるような魅力が感じられることでしょう。

残りの9種類ですが、100円価値のクラッド貨幣となっています。実際の100円玉にも近いサイズや輝きなのですが、緻密に再現された新幹線が堂々とあしらわれています。東海道・山陽・東北・上越・北陸・山形・秋田・九州・北海道それぞれを走る新幹線が忠実に描かれており、ファンの心をくすぐってなりません。