おすすめ買取業者を見る

富山県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

海産資源豊かな北陸の地、富山県の地方自治法施行60周年記念貨幣について

富山県は、魚津、滑川、氷見といった有名な漁港が集中する日本海側の県です。中部・北陸地方に位置しており、石川県、岐阜県、新潟県、長野県と隣接しています。海産資源豊かな漁港擁する富山湾が有名なのは、日本の中でだけでもありません。「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟する湾ともなっており、景観の美しさもまた魅力のひとつとなっています。

また、海側の魅力だけでなく、内陸の特徴もまた目を引きます。長野県の県境に北アルプス、西は倶利伽羅峠といった具合に、緑豊かな景色も広がります。また忘れてはならないのが、飛騨山脈や飛騨高地の山間部に残される、白川郷・五箇山の合掌造り集落です。世界文化遺産に指定されており、昔ながらの茅葺き屋根を使った家が複数立ち並んでいます。緑深い夏はもちろん、日本海側ならではの豊富な雪をかぶった冬の景色もまた見ものです。観光客向けにライトアップもされる、国内外の来訪者に好まれる人気のスポットとなっています。

地方自治法施行60周年記念貨幣においても、そんな富山県の魅力が一見するだけで分かるような仕様となっています。まず千円銀貨幣ですが、まるで富山県の景色をそのまま切り取ったような、雄大な景色を描いています。遠くそびえる立山連峰、そして手前には、雨晴海岸から眺める美しい富山湾の様子が描かれています。数ある地方自治法施行60周年記念貨幣の千円銀貨幣の中でも、有数の雄大さは、何とも特別感を感じさせてなりません。

立山連峰には、少し雪が残っています。それが、山間部と青空を絶妙に隔てるようなニュアンスになっており、心なごみます。海の白波と相まって、ひとつの絵画のようでもあるでしょう。世界にも認められる絶景を持ち歩ける、そんな気持ちにすらさせてくれることでしょう。

五百円バイカラー・クラッド貨幣については、景色を描いた千円銀貨幣と異なり、躍動的な人をモチーフにしたデザインです。おわら風の盆の女踊り、そして男踊りを描いており、古くから伝わる文化の良さを再確認させてくれます。

新幹線鉄道開業50周年記念貨幣の北陸新幹線デザインをチェック

「高」という漢字を模した市章が何とも印象的な高岡市は、富山県北西部に位置する市です。西部地域の中心的な市となっており、富山市に次ぐ規模となっています。西で石川県、東で富山湾に面しており、各方面への移動にも適した立地といえるでしょう。面積が大きく、富山県の約5%を占めるほどであるため、地図上からでも見つけやすいです。

富山湾川には、夏のシーズンになると多くの観光客が訪れます。富山県の代表的な名所となっている、雨晴海岸が広がっているためです。日本の渚百選に選ばれる美しい海岸線は、海に浸からずとも満足させてくれるほどの魅力を感じさせてなりません。また、海上には高岡市唯一の島である、男岩が浮かんでいます。こちらも見どころとなっており、遠くに臨む立山連峰をバックに何とも印象的に映えてなりません。

また高岡市は、加賀藩主前田利長が築いた高岡城の城下町であったという歴史も有しています。そのため、多くの城跡や史跡が残されており、何とも味わい深く感じられます。市の史跡である赤丸城跡、鴨城跡、県の史跡の木舟城跡、高岡城跡と、歴史遺産めぐりを楽しめるほどに充実しています。

同じく歴史深さを味わうことに適した古銭において人気があるものとしては、永楽通宝が代表的です。かつての日本において特に広く流通した貨幣として知られており、代表的な存在となっています。鋳造の歴史は古く、1411年に遡ります。日本で広く普及しましたが、鋳造の元祖は日本でなく中国となっています。当時の明朝第3代皇帝であった、永楽帝の時代に作られたことから、この名がつけられました。

種類は、材質によって分類されています。銅銭・銀銭・金銭のそれぞれとなっており、中でも金銭は高い価値を有しています。希少さゆえにほとんど市場に出ることはなく、目にできても贋作というケースがほとんどだそうです。ですがもし本物が見つかれば、それこそ100万円はくだらないお宝となることでしょう。一方銅銭は流通量が多く、希少性は低いため、あまり価値には期待できません。

歴史深い富山県高岡市と人気古銭永楽通宝の魅力に迫る

日本の新幹線鉄道が50周年を迎える、その節目を記念して2014年に作られたのが、新幹線鉄道開業50周年記念です。カラーの千円銀貨幣、そしてクラッド貨幣タイプの全国各新幹線車両をデザインした9種の、全10種が展開されています。大きな節目を記念した貨幣である、そして描かれた車両がリアルといったこともあり、多くのファンから注目を集めています。

北陸新幹線の新幹線鉄道開業50周年記念は、クラッド貨幣となっています。表裏それぞれに、E7系・W7系北陸新幹線、0系新幹線が描かれており、ファンにとってはたまらない仕様でしょう。実際の法定通貨である100円玉にも近いデザインとなっているところが、また何とも粋でなりません。自分で楽しむのはもちろんのこと、人に見せて驚かせるためのアイテムとしても魅力的でしょう。ファン同士のつながりにも、一役買うかもしれません。

北陸新幹線は、北陸、そして上信越地方を経由して東京と大阪を結ぶ新幹線路線です。スピーディーに主要都市を訪れられるため、北陸に住む人々にはとても便利に感じられることでしょう。もちろん、東京・大阪方面から北陸へ観光に訪れる場合でも重宝できます。日本海沿いの海岸線を走る路線であるため、車窓の景色にもぜひ注目してください。特に景観の美しさで知られる富山湾は、見ごたえが感じられることでしょう。

歴史は古く、1972年に公示ののち、1997年、高崎駅~長野駅間で初めて開業しました。以後、続々と路線を伸ばし続けています。2018年現在もなお伸長され続けており、次回は2022年の金沢駅~敦賀駅間完成を待ちわびる形となっています。より一層利便性が高まり、ファンを増やすことでしょう。

新幹線鉄道開業50周年記念の楽しみ方としては、種類単体よりも揃えてコレクションにする方法もおすすめです。それこそ、全10種をコンプリートしてみてはいかがでしょう。上等なケースに入れて飾れば、大きな満足感が味わえるのではないでしょうか。銀色の輝きは、高級感をも感じさせてなりません。