おすすめ買取業者を見る

山形県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

山形県の特徴と記念貨幣

山形県は日本の東北地方南西部に位置します。日本海側に面する都市となっています。総人口は100万人ほどとなっています。気候としては新潟県秋田県と同様に日本海側気候にあたります。そのため山形県の90%の地域が特別豪雪地帯として指定されており、毎年多くの雪が降ります。しかしながら夏は日本海に面する庄内地方の気温がとても高くなり年間平均気温は東京などとあまり変わらないほどに温暖と言えます。

夏は東北でありながらも熱帯夜になるぐらい蒸し暑い日が続くことがありますが、冬は日照時間が少ないことでも知られています。また冬でも基本的に気温が高いために雪が降っても溶けやすいという特徴もあります。山形県の降雪量としては他の近隣の県に比べて少ない傾向にありますが突発的に一部の都市で豪雪となることが少なくありません。

特産物としてはさくらんぼやぶどうが有名です。高級ブランドである佐藤錦がさくらんぼとしては非常に有名といえます。またはえぬきやつや姫など米の生産量も非常に多く稲作が盛んな県として知られています。

このような山形県の様々な魅力を記念貨幣に凝縮したものが地方自治法施行60周年記念貨幣の山形県のバージョンです。千円銀貨幣出羽最上川とサクランボがデザインされており非常に可愛らしいデザインと言えるでしょう。5百円バイカラークラッド貨幣は縄文時代の女神をデザインしています。山形県の古くから続く人々の暮らしぶりを一枚の硬貨の中に見事に表現していると言えるでしょう。千円銀貨幣については10万枚発行されており5百円バイカラークラッド貨幣は166万枚発行されています。

もしも手元にこのような貨幣があり、古銭買取業者に買取を相談したいと思っている方にとって、いくつかの役に立つポイントがあります。一つは複数の買い取り業者に見積もりを出すこと、そして自分で綺麗にしようと思い色々と手を加えないことです。この二つを気にかけておくと少しでも高く買い取ってくれる業者を見つけ、より高く見積もってもらうことができるでしょう。

山形新幹線の魅力と記念貨幣

鶴岡市は山形県の日本海岸に位置する都市です。人口が約13万人という都市であり、市の面積としては、東北地方の中で最も広く全国でも7位という広さを誇ります。観光としては、七ツ滝という日本の滝百選にも選定されている素晴らしい滝や、月山八合目という比較的上りやすい山など、東北の豊かな自然を楽しむことのできる名勝があります。

たくさんの祭りがおこなわれることでも知られており、日本海寒鱈まつり、鶴岡冬まつり、鶴岡天神祭、大山犬まつり、赤川花火大会、荘内大祭などが行われます。海に面していることから海水浴場も多数あり、夏の醍醐味である海のすばらしさを体験できる機会も多いでしょう。

また、鶴岡市は博物館や記念館も多いことが特徴です。水族館や、庄内藩の藩校であった致道館などがあります。また、藤沢周平記念館も多くの人が足を運んでいます。さらに、いわゆる秘境と呼ばれる様々な土地があることも有名です。鶴岡市由良にある八乙女浦は周囲が断崖絶壁で囲まれており船でしか近づくことのできない場所となっています。ここには八乙女洞窟と呼ばれる洞窟も人気で、非常に神秘的な雰囲気を楽しむことができます。

このような鶴岡市で古銭買取業者に見積もりを出す場合には、できる限り保管方法に注意しておきましょう。保管状況としてお勧めなのはコレクション用の各種ケースを利用して錆びや汚れを防ぐことができます。何か汚れがついてしまうとせっかくの記念硬貨などの貴重なアイテムも非常に劣化が早くなってしまうというデメリットがあります。

もしも古銭をクリーニングしたい場合には、余計な傷をつけることの無いように十分に配慮しなければなりません。一番メジャーなクリーニング方法は超音波洗浄機を使うことでしょう。自分で磨いたりすると、そこから傷が発生し、古銭の劣化が進んでしまいます。とはいえ、古銭の味わいを落としてしまいかえって価値を落としてしまうことにもなりませんので、何もしないのがいちばんよいかもしれません。

鶴岡市の魅力と古銭の管理方法

山形新幹線は、ミニ新幹線方式によって運行されている路線です。福島駅から山形駅を経由し、新庄益までを走行しています。ただし、山形新幹線という名称は通称で、正式な名称ではありません。ラインカラーがオレンジの車両を用いているのが特徴といえます。

山形新幹線は東京駅から福島駅との間で東北新幹線との直通運転が行われているため、東京駅から新庄駅までの区間を山形新幹線という通称で呼ばれることもあります。山形新幹線は、1992年にミニ新幹線として稼働を開始しました。福島駅から新庄駅までの区間のほとんどの益が山形県内に位置します。山形の方にとっては遠出する際の主要な交通手段として活躍しています。

山形新幹線の最高速度は130キロです。新幹線としては遅いと感じられるかもしれませんが、これは、運行される線路の状態が、それ以上の速度に耐えられる仕様ではないため、この速度に制限されているのです。1992年に4年もの工期を経て開通した山形新幹線は在来線の扱いとして6時前に運行を開始しており、山形県の通勤の足としても広く利用されています。

こうした山形新幹線の記念貨幣として有名なのが新幹線鉄道開業50周年記念として発行されたものでしょう。千円銀貨幣とともに発行された山形新幹線の記念貨幣は2016年に発行されました。発行枚数としては297万枚ほどが発行されています。現在のところ買取目安相場は額面通りの100円からとなっていますので非常に手に入りやすい記念貨幣の一つと言えるでしょう。

このとき新幹線鉄道開業50周年記念として発行された数々の記念貨幣はひとつひとつはそれほどプレミアがつくようなものではありませんが、セットで揃っているとそれだけでもコレクターアイテムとなります。もしも古銭買取業者に見積もりを依頼して欲しい時にはひとつずつ査定するのではなくセットで査定してもらった方がより高値がつくでしょう。鉄道好きの方にとっては特にマニア心をくすぐる記念貨幣のセットとなります。