おすすめ買取業者を見る

山梨県で不要な古銭を簡単&高価で買い取ってもらえる方法をどこよりも詳しくご紹介!

イチオシ!古銭買取業者ランキング

口コミや体験談を基に、高価査定で満足度の高いお店をランキング形式でご紹介しています。

  1. 福ちゃん
    ★★★★★
    + 詳細を見る
  2. バイセル(旧スピード買取.jp)
    ★★★★
    + 詳細を見る
  3. ウルトラバイヤー
    ★★★★
    + 詳細を見る

古くから交通の要衝として栄える山梨県の地方自治法施行60周年記念貨幣とは

山梨県は、静岡県と並ぶ富士山で有名な県です。県南部で日本一の山富士山と隣接しており、雄大な姿を眺めることはもちろん、登山道にアクセスする上でも適しています。3,776メートルといわれる日本の屋根と名高い標高を有するだけに、山梨県の都市部などからでもゆうに目にすることが可能です。そうした理由から、富士山をテーマにした名産が少なくありません。

また山梨県は、旧名を甲斐国と呼びます。諸説あるそうですが、一説にこの名称は「交い」という言葉からきているといわれています。かつての江戸である東京、その他関東や中部各面の人々が交わる内陸国であったことから、この名がついたのだそうです。かつて甲斐を治めた将軍も、そうした周囲の地域と深くかかわりを持てる地であることから、好んで拠点としていたといわれています。

その他、ぶどうや梨といった果物の生産でも印象的です。中でもぶどうは有名であり、山梨県産のぶどうを使って作ったワインは、ブランドワインとして県外でも流通されているほどです。1300年前から作られ続ける伝統的な甲州種が、上質であるとして高い評価を得ているためです。

山梨県の地方自治法施行60周年記念貨幣にも、そんなぶどうが描かれています。2種類からなる記念貨幣ですが、いずれにおいてもぶどうをデザインしています。特に印象的なのは、千円銀貨幣の方でしょう。カラー仕様であるだけに、ぶどうのみずみずしくフルーティーな印象が手に取るように伝わってくるほどです。それこそ、見ているだけでよだれがでてくる、それほどにおいしそうに感じられてならないことでしょう。

金銀のバイカラーで作られたクラッド貨幣は、手前にぶどう、奥に山梨県の象徴である富士山を背景に描いたデザインとなっています。千円銀貨幣とも似たレイアウトなのですが、クラッド貨幣だからこその重厚かつ高級な質感は、また違った魅力を感じさせてなりません。2つセットで揃えてみてはいかがでしょう。

山々の景観が美しい山梨県南アルプス市と古銭の魅力をご紹介

甲府市は、山梨県の中心部を縦に走る細長い市です。県庁所在地となっており、県庁がある甲府駅もまた市内中央付近に位置しています。総人口約19万人、人口密度1キロ平米あたり約890人ですが、全国の県庁所在地において有数の人口が少ない地域でもあります。そのため、都市的な生活に適した場所でありながら、わりとおちついた環境で生活することが可能です。

かつて高名な文豪が、甲府市に居住した際に「シルクハットをさかさまにしたような」という表現で例えたそうです。これは、甲府市が山々にぐるっと一周取り囲まれたような場所に位置しているためです。事実、360度山に囲まれたような景観となっており、何とも印象的です。また中心部からでも富士山を目にすることができるというのも、甲府市の魅力でしょう。

象徴的な存在としては、武田神社が外せません。その名の通り、武田信玄、武田信虎にゆかりある地となっており、かつての居城が神社となって残されています。神社としてはもちろん、各場所に居城躑躅が崎館であったころの縁が残されており、史跡巡りも楽しめます。敷地内には刀や旗といった実際に武田家が使用した資料も多数展示されており、参拝以外でも何とも魅力が感じられてなりません。

甲府市の歴史と同様に、お金の歴史についても興味をそそられてなりません。現在当たり前のように使用している金属や紙のお金ですが、かつては貝を使用していました。貝貨と呼ばれています。その名残として、貨幣・財産・販売などのお金に関する漢字の多くには、貝という漢字が含まれています。

なお、世界で最初の貨幣は日本でなくメソポタミア文明において誕生したといわれています。この地でも、かつて日本のように穀物の物々交換がおこなわれていましたが、同時に金銀をもちいたお金「エレクトロン銭」も使われていました。もちろん、現代のような鋳造技術は存在していませんでしたが、かつては重さで価値を決めていたため、いびつな形状でも問題なかったそうです。先人の知恵あってこその、現代の便利な貨幣文化といえるでしょう。

歴史の名残色濃く残る山梨県甲府市と昔のお金

全国においても、南アルプス市は珍しいカタカナの入った地名となっています。これは沖縄県コザ市に次ぐ、全国で2番目にできたカタカナ市名であり、さらに英語を元としている市名は日本初でもあります。名づけは、一般公募によっておこなわれました。南アルプスと呼ばれる赤石山脈が市の西部を縦断していることから、発案されたそうです。やはり珍しい地名ということで賛否両論ありましたが、2018年現在ではゆうに定着している印象です。

東西に細長く伸びた地形となっており、西部の一部では静岡県と長野県にも隣接しています。国内最大級の扇状地となっており、それにより形づくられているゆるやかな傾斜は、農作に適しています。そこでは、ももやさくらんぼの生産が盛んであることから、桃源郷と呼ばれていた歴史も有しているそうです。また古くは、桑畑による養蚕もおこなわれていました。

古銭もまた、深い歴史こそが魅力になっている骨董品に他なりません。南アルプス市同様、知れば知るほど興味をそそる奥の深さを持ち合わせています。もっとも歴史が古いと考えられている古銭は、富本銭といわれています。富本銭が研究されるまでは、和同開珎こそが最古と考えられていましたが、1998年飛鳥池遺跡にて発見され、1300年以上の歴史があると発表されました。古代ロマンの感じられてならない、何とも希少性感じられる古銭といえるでしょう。

古銭の中には、目の飛び出るような相場がついた人気古銭も存在します。たとえば博多御公用丁銀は、かつて戦争における戦費や報酬としてもちいられた銀貨です。相場は300~400万円ともいわれており、何とも魅力的です。切って使うという特性から、完成品が少ないという点もポイントとなっています。

デザインが目を引く古銭としては、明治3年旧20円金貨も忘れてはなりません。比較的新しい古銭ですが、金の光沢が美しく、また明治モダンを感じさせてならない時代を象徴するようなデザインというのも目を引きます。発行枚数が約46,000枚だけという希少性も手伝い、2,000万円もの相場が設定されています。